こよなくHWANHEEたんを愛し、柱の陰からMYNAMEを応援し続けるアジュンマの日記でございます。
http://pyontokuya50.blog111.fc2.com/
admin
 

プロフィール

ぴょんとくや

Author:ぴょんとくや
R&BシンガーHWANHEE&アイドルMYNAME溺愛中♡
あちこちからお気に入りをスクラップ?しながら想いを綴ってます。

検索フォーム

QRコード

QR

놀이에 왔어

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]

놀이에 왔어

[SS探査報道-K-POPリポートto東京③]
MYNAME、日本から認知が始まったアイドル (インタビュー)


なんで③なんだろうと思ってたら
ほかにもあったのね
記事内容はまあ韓流がどんだけ凄いかってことかな?(笑)



1、韓流が盛りを過ぎた?とんでもない話
 [SS탐사보도-K팝 리포트 in 도쿄①]한류가 한물갔다고? 천만의 말씀!(종합)
2、東方神起・カラ・JYJが最高です!
 [SS탐사보도-K팝 리포트 in 도쿄②] "동방신기·카라·JYJ가 최고예요!"(현장속으로)
3、マイネーム、日本から認知が始まったアイドル
 [SS탐사보도-K팝 리포트 to 도쿄③] 마이네임, 일본부터 뜬 '역주행 아이돌'(인터뷰)
4、″日本国内の韓流”から世界の韓流”'
 [SS탐사보도-K팝 리포트 to 도쿄④] '일본 내 한류'에서 '전 세계 한류'로


本文は日本での韓流の様子を書いてあるんだけどその中の一つにMYNAMEの記事が取り上げられたってことは凄いことなのかもね♪
なんたって東方神起、JYJやKARAと同等の記事だからね
公式さんもそれを想ってUPしたのかしらね?

まあ内容はどうであれ
日本でMYNAMEが韓国内より人気があることが不思議なんでしょうね?

逆に言えばなんで韓国で人気ないの?????
って事よね....

まあ日本でも中の中って所なのかなぁ?
オリコン3位は記録的かもね
sirayukiはそこまで行くかな?
基本日本でバラードが好まれます!って言われてるけど
マイネの場合バラードは売れてない!
やっぱりアップテンポが受けてるみたいだけど♡

インスが言うよに
有名タレントが来たわけでなく両国で無名の新人が来たわけだから道は厳しいよね!

でもCNBLUEもFTISLAND・ユンナなんかも
もとはと言えば日本で修行して韓国でデビューしたら大ヒットになったわけで
前例がないわけではないよね....

MYNAMEも今その時期なのかしらね?

あと3年って言ってたっけ?

東京ドーム公演する日、夢を叶える日!楽しみに待ってるよ!
一歩ずつね

[SS調査報道-K-POPレポートto東京③]

マイネーム、日本から浮いた "逆走アイドル"(インタビュー)

スポーツソウル 原文 記事送信2013-11-09 08:05 最終修正2013-11-09 09:05


5人組ボーイズグループマイネームが4日午前、ソウル龍山区漢南洞にある練習室で日本公演のための練習に汗を流している。/ナムユンホ記者


[スポーツソウルドットコム|ソンジヨン記者] "日本での活動です?放射能の心配よりも大変なのは孤独です。"

4日午前、ソウル龍山区漢南洞にあるの5人組ボーイズグループマイネーム(セヨン、インス、ゴヌ、ジュンQ、チェジン)の練習室を訪れた。2週間後に日本で三番目シングル 'デイ·バイ·デイ "でのコンサートを控えたメンバーたちは公演準備の真っ最中だった。汗を流して日本のファンに見せてくれる特別な公演を準備するメンバーたちの表情は一様に明るかった。そんな彼らに会うやいなや、 "石直球"の質問をしてみた。(ホントにガツンと来たわね!!!!!!!!!)

"マイネームはなぜ韓国より日本で人気が多いですか?"

◆小規模公演から、ZEPP·ツアーまで...日本で '地面にヘディングする "
マイネームは日本語の勉強をしてからのインタビューを行っている。 彼らは2012年10月に日本でデビューして、現地で国内よりも熱い人気を集めている。/ナムユンホ記者
マイネームは日本語の勉強をしてから<スポーツソウルドットコム>とインタビューを進行している。彼らは2012年10月に日本でデビューして、現地で国内よりも熱い人気を集めている。/ナムユンホ記者

実際には、マイネームは、過去2011年10月にデビューした "中古新人 'である。'新人'という単語は、2年目のグループにさびしいだろうが、国内ではそれらはまだ新人で知っている視線が多い。
しかし、日本の中でマイネームの認知度は、国内と確実に違う。昨年10月、日本でデビューした彼らは(7月です)、日本国内に厚いファン層を保有していることで有名である。さらに特異なのは、日本のファンはマイネームを 'K-POPアイドルに分類するのではなく地元の歌手ぐらいに思っている。(ホント?)
その理由についてメンバー引数は、 "何もない状態で '地面にヘディングするように日本のファンとぶつかったから"だ "と説明した。


"我々は、国内でいわゆる 'うまく行くアイドル"として日本を訪れた歌手ではないでしょう。日本で開始し、現地のファンと一緒に大きくきたので、特別に考えていると思います(インス)。 "

マイネームは、去る5月には、地元の人気尺度を計ることができる 'ZEPPツアー "も正常に終了しました。'ZEPPツアー "とは、東京お台場のジェフ·ダイバーシティ(これはこれで別ですけど...)で開くコンサートを意味するもので約2000人の観客を収容できるコンサートホールである。現地での認知度がない場合は、コンサートホールの貸館するのが難しい。
(知らなかった...わたす...)

"5月に"マイネームライブツアー2013 - よりディファして 'というタイトルでZEPPツアーをしました。日本はコンサート会場に、いわゆるステップ "がイトジョ。ジェフツアーを成功的に終えた歌手は、約4万人を収容することができる東京ドームに行く機会が生じるのです。(ゴヌ) "

"実際には国内で定着したチームは、いわゆる認知度のある歌手が日本に渡ったらすぐに東京ドームで公演することができます。しかし、我々のような場合には、韓国での認知度を高めたことがなく、日本での認知度を高めて行ったチームだからじわじわ踏まなければならい。初めに100人、200人だったファンと一緒にした小規模コンサートで始めました。そうするうちにZEPPツアーに移ったつもりなので、メンバーにもファンにも意味が大きかったようです(インス)。 "

デビュー2年目を迎えたマイネームは、去る5月、日本でジェフツアーコンサートを開催し、先月には日本ファン100人が韓国で、韓国ファンと一緒にファンミーティングを開催した。/割り当てた記者

デビュー2年目を迎えたマイネームは、去る5月、日本でジェフツアーコンサートを開催し、先月には日本ファン100人が韓国で、韓国ファンと一緒にファンミーティングを開催した。/割り当てた記者
デビュー2年目を迎えたマイネームは、去る5月、日本でジェフツアーコンサートを開催し、先月には日本ファン100人が韓国で、韓国ファンと一緒にファンミーティングを開催した。/割り当てた記者
試しているのもあるもの。メンバーだけが日本に行くのはなかった。先月マイネームはデビュー2周年を記念して、国内でファンミーティングを開いた。300人のファンがメンバーの2周年記念日を祝うために一堂に集まり、このうち100人、3分の1は、日本のファンだった。 (限定で果たしてそれでいいんだろうか?入れなかった人もいたとか聞いたけど?韓国ペン優先の方が良かったのでは?それともいなかったの?ギモン...)

"ファンが直接航空券を購入し、ソウルに来ました。100人を超える方々が来て、私たちもびっくりした。実際には毎回感動であり、申し訳ありません。不慣れで大変でしょう....ファンたちがとても多様です。年齢層も多様でプレゼントするのも様々です(笑)。韓国のファンたちがとても熱心に応援して凝集力が強ければ、日本のファンは静かに音楽を鑑賞する方でしょう(セヨン)。 "

韓国と日本の両方の活動のマイネームがオリコンチャート(日本の音楽人気チャート)と国内オンライン音源集計基準についての考えも気になった。今年4月、マイネームは日本で発表した最初の正規アルバム 'ウィアマイネーム'がオリコンデイリーチャートとウィークリーチャート3位に上がる記録を立てたことがある。しかし、国内の音源順位では20位圏にとどまって惜しさを催した。

"日本はまだオンライン音源が中心ではなく、CDを中心に、音源収益が集計はなりません。ファンもMP3よりCDを好む方だよ。自分の好きなアーティストのCDを買って収集する文化があります(ゴヌ)。

"公演文化が発達したのも韓国と違う点です。私たちは、TVや放送に出て歌手たちが顔を知らせ、音楽を聞かせてくれるのが普通だが、日本はそうではありません。ほとんどのコンサートを中心に進めよいですので、国内活動と日本活動準備をするときにそれに合わせて別の方法で準備する方です(ジュンQ) "。

◆日本での活動 "放射能よりも恐ろしいこと、孤独"
グループマイネームが11月中旬に予定され、日本のコンサートのために、ソウル龍山区漢南洞にある練習室でダンスの練習をしている。/ナムユンホ記者
グループマイネームが11月中旬に予定され、日本のコンサートのために、ソウル龍山区漢南洞にある練習室でダンスの練習をしている。/ナムユンホ記者

11月中旬、マイネームは、再び日本での活動のためにしばらく国内活動をしばらくたたんでスーツケースを梱包する。11月から予定されコンサートが終わる2014年1月からは日本でメンバーたちが主演を引き受けた映画が封切りをするため、広報や各種イベントなどで、再び忙しいスケジュールを消化する予定だ。マイネームのスケジュール表をちらっと見たら染まった丸がいっぱいだ。


"修学能力試験の勉強もしなければなりコンサートの準備もして....とても忙しかった。でも今は暇ですよ。日本に行くと目が回るなく忙しい。どうやら日本は韓国より短くとどまっているのだからスケジュールをまとめ消化なければならない。ものすごいですね。日5〜6個は基本ですよ(チェジン)。 "

メンバーたちに日本での活動を、最も大変な点を尋ねた。すると意外にも忙しいスケジュールよりも意外なもので大変だと答えた。

"私は初めに食品に非常に苦労しました。日本料理をつけて絞ってね。土俗的な口当たりなので適応する大変でした。母おかずはあまり覚えました(ジュンQ)"。

"孤独なこと。どうやら韓国ではなく、両親がないから忙しい渦中にも不思議な気持ちがしましたよ(笑)。今後、日本や外国の活動を考えている友人がいる場合は非常に小さいものも念頭に置いて成長した心を持って国外活動を開始することを考えて(セヨン)。 "

"1年以上の言語に苦労しました。本当に熱心に勉強しましたよ。しかし、本を見て勉強するとされているのではないんですよ。直接行って現地の人々のランぶつかって割れて恥をかいたからといつも言うんですよ(引数)"

最後に、韓国と日本を行き来するマイネームに両国のファンのために挨拶をお願いした。ファンが丁寧に準備してくれた贈り物を練習室や学習室に展示しておいて自慢していたメンバーたちだったが、恥ずかしくて手紙を書き始めた。引数は、日本での活動にしばらく韓国での活動を待つファンに颯爽と叫んだ。

"放射能の心配はしないでください。お元気に過ごして帰ってきます。愛しています(引数)!"

マイネームメンバーが日本のファンへの手紙とファンにもらったプレゼントを持って明るく笑っている。/ナムユンホ記者
マイネームメンバーが日本のファンへの手紙とファンにもらったプレゼントを持って明るく笑っている。/ナムユンホ記者
amysung@media.sportsseoul.com

芸能チームssent@media.sportsseoul.com



きっとこの記事は
日本のファンに向かって
良い意味で伝えたかったものなのかもしれないけど
素直に入ってこないのは
性格悪いせいかなぁ~~~?
ハングル理解できないせいか!!

とにかく
どっちつかずの風見鶏は振られちゃうよ~経験上
ってだれの経験だっつうの(爆)

一生懸命なのも知ってる!
日本が好きなのも!感謝してるのも!
分かってるけど
押し売りは
かえって負担だよ

恋の駆け引きはちょっとcoolな方がいいんだじょ~
まだまだよの~って関係ないか...

とにかくオンマは見守ってますよ
これからの君達の事

転んだら起き上がればいい
失敗した数ほど成功できるハズ?

何年かかっても自分たちの道歩き続けてね
それが君たちを信じるファンへの恩返しだよ~
ナンテね....
 
スポンサーサイト
Category: インタビュー
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 

놀이에 왔어

(訳) マイネームの秋の感性24時間 元記事

[アジア経済スポーツトゥデイイグムジュン記者]
三番目シングル'デイ​​·バイ·デイ(Day By Day)'で歌謡界に帰ってきたマイネーム。一層成熟したビジュアルと秋に似合う曲で大衆にアピールするという覚悟だ。最終的に震えていた初めてのカムバック舞台を披露する日マイネームの24時間を一緒にして、これらの日常をこっそり伺ってみた。

インスサジン 



AM 10:00〜11:30 メイクアップショップで

マイネームの最初のスケジュールは、ヘアメイクアップショップを訪問することで開始された。新曲"デイ·バイ·デイ"として初めて舞台に立つほど完璧な姿でファンの前に出てしたいことは、すべて同じ心であった。順序は、チェジン、コヌ、セヨン、ジュンQ、インスに構造を始めた。少年のような素顔のあどけない顔は消えてやわらかいカリスマを重ねて負わせ、顔にちらほらと現れた。
"以前には強いメイクをしたが、今回は曲の雰囲気に合わせて少し柔らかいが男らしい印象を与えるメイクに変化を与えてみました。どう ​​です。似合うんですか? "(インス)

QQジニサジン 


PM 12:00〜13:00 献血促すキャンペーンの

この日、マイネームのメンバーは明洞で次の音楽と一緒に献血キャンペーンを進行した。献血を促すプラカードを作り、スローガンを叫び、市民と直接交流した。マイネームは明洞の街に示されると、瞬く間に人々が押しかけ、市民はマイネームの名前を叫んで絶え間ない声援を送ってくれた。マイネームは、晩秋の痛い日差しをものともせずにファンに献血広報物を配り、いちいち目を合わせながら話を交わした。街頭キャンペーンを終えた後、マイネームは、献血の家に足を向けた。直接献血に参加するためだ。しかし、問診検査で一ヶ月以内に外国を訪問した経験がある者は、献血をすることができないという必要条件のため、残念ながら次の機会に延ばさなければならいた。
"献血をして困難な人々に力になりたかったが修飾されなくてとても残念です。次の機会にぜひ献血をします。そして、今日の私たちと一緒に献血キャンペーンに参加してくださった市民の皆さんに感謝の言葉を申し上げたいと思います。 "(セヨン)

献血サジン 


PM 14:00〜15:30 "ショー!王者の待ち時間

マイネームの次の予定はMBCミュージック"ショー!チャンピオン'カムバック舞台リハーサルです。マイネームはリハーサル順番を待って待合室で時間を過ごした。舞台衣装を着たマイネームはもう少し濃い男の香りを漂わせた。控室でマイネームは、衣装やメイク、ヘアをチェックしてハメ撮り三昧、タブレットPCでの記事検索などをして、自分たちのリハーサルの順番を待っていた。舞台の上でいつも強烈なパフォーマンスを見せてくれたマイネームだが、待合室では、同じ年頃の男性の子供と同じように有害な姿でいっぱいだった。特に、ゴヌは、鏡の前で"デイ·バイ·デイ"の振り付けの練習をする熱意を見せて人目を引いた。

セヨン&コヌ サジン 


PM 15:30〜19:30 事前録画と放送

いよいよマイネームのリハーサル順序がきた。緊張した心を溶かして意気投合した五人のメンバーたちは舞台に上がった。三度のドルホソルが進行された回のステージが終わるごとにモニターを介して振り付けと銅線、マイクの状態などを入念にチェックした。事前録画で進行されたこの日カムバック舞台はリハーサル後すぐに開始された。百人のファンが撮影現場を探しマイネームの肩に力を加えてくれた。ファンたちは"デイ·バイ·デイ"音源がまだ公開されていないにも関わらず、マイネームの曲をすぐに一緒に歌う珍しい風景を演出した。いよいよ初めてのカムバック舞台を終えたマイネーム。安堵感と物足りなさが残っている顔で舞台を降りてきたマイネームは、汗を拭かずすぐに監視を開始しました。
"カムバック舞台はいつも惜しいですね。少し補足して、次のステージの時はもっと良い姿をお見せします。 "(インス)

DAYBYDAYサジン 


PM 19:40〜20:00 びっくりファンミーティング

ファンミサジン


'ショー!チャンピオン'放送を終えた後、マイネームは、ファンとびっくりファンミーティングを持った。ファンは階段の節ソジョンヨンにマイネームを待ったマイネームはファンに感謝の挨拶を伝えた。ファンともっと近くで直面することができる席なのでそうなのかマイネームは、さらに、上気した顔だった。マイネームのファンはカムバック舞台に対する反応を聞いて答えて和気あいあいとした時間を過ごした。約20分の時間を過ごした後、マイネームは次のように約束して席を離れた。

PM 20:30〜22:30 練習室

マイネームの最後のスケジュールは、漢南洞の練習室だった。所属事務所の代表歓喜が最近新たに用意した練習室でマイネームは、今日あったカムバック舞台に対する意見を交換した。絶え間ない練習と悩みに今のマイネームがあることをもう一度認識した瞬間だった。動線を合わせるなど、しばらく練習をした後、コンピュータでカムバック舞台反応をいちいちチェックした。自分たちの舞台と同じくらいファンのコメントも注意深く調べた。

練習サジン 


練習を休み時間には、杭打ちや、マットのり巻き言葉(?)に練習室が離れるように笑った。一日の疲れと緊張が解けたマイネームの姿だった。特に、インスがじゃんけんに負けてマットのり巻き言葉が主人公に当選されると、メンバーは皆応援してインスをマットの中に入れて入れたし、末っ子チェジンが最もエキサイティングな姿でインスの痛み(?)を楽しんだ。
甘い休息を後にして、マイネームは、再び練習に臨んだ。すべて集中して振りつけと動線を調べた。練習時間の最後は夜食に有終の美をおさめた。マイネームは、豚足、ボッサムに空腹になったお腹を満たした。輪になって集まって夜食を食べても、これらの重要な会話のトピックは、カムバック、新曲、振り付けの話だけだった。



海苔巻きサジン

食事サジン

ネット検索サジン 


PM 22:30〜24:00 スター24時を終えて

午前10時から一緒に始めたスター24時間密着取材は午後10時30分になってから終わった。マイネームは、スター24時間を共にした感想と一緒にアルバム活動のための覚悟を伝えた。
"カムバックした日、献血時から一日を最大限に開いたように感じる良かったです。さわやかな気分で事前録画をしながらファンに新しい姿をお見せした、過ぎてこそ舞台が惜しいですね。今までこのように残念だった舞台はなかったようです。その悔しさを持って、今後のカムバック舞台に心血を注ぎます。期待してください。今回の"デイ·バイ·デイ"で皆さんに近づいていくマイネームだろう。 "(セヨン)



WEAREMYNAME.png
 
Category: インタビュー
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 

놀이에 왔어

2013.11.10/ 19:20(Sun)
[SS調査報道-K-POPレポートto東京③]
マイネーム、日本から浮かび上がった'逆回りアイドル"(インタビュー)

5人組ボーイズグループマイネームが4日午前、ソウル龍山区漢南洞にある練習室で日本公演のための練習に汗を流している。/ナムユンホ記者
5人組ボーイズグループマイネームが4日午前、ソウル龍山区漢南洞にある練習室で日本公演のための練習に汗を流している。/ナムユンホ記者


[スポーツソウルドットコム|ソンジヨン記者] "日本での活動です?放射能の心配よりも大変なのは孤独です。"

4日午前、ソウル龍山区漢南洞にあるの5人組ボーイズグループマイネーム(セヨン、インス、ゴヌ、ジュンQ、チェジン)の練習室を訪れた。2週間後に日本で三番目シングル 'デイ·バイ·デイ "でのコンサートを控えたメンバーたちは公演準備の真っ最中だった。汗を流して日本のファンに見せてくれる特別な公演を準備するメンバーたちの表情は一様に明るかった。そんな彼らに会うやいなや、 "石直球"の質問をしてみた。
"マイネームはなぜ韓国より日本で人気が多いですか?"

◆小規模公演から、ジェフ·ツアーまで...日本で '地面にヘディングする "
マイネームは日本語の勉強をしてからのインタビューを行っている。 彼らは2012年10月に日本でデビューして、現地で国内よりも熱い人気を集めている。/ナムユンホ記者
マイネームは日本語の勉強をしてから<スポーツソウルドットコム>とインタビューを進行している。彼らは2012年10月に日本でデビューして、現地で国内よりも熱い人気を集めている。/ナムユンホ記者

デビュー2年目を迎えたマイネームは、去る5月、日本でジェフツアーコンサートを開催し、先月には日本ファン100人が韓国で、韓国ファンと一緒にファンミーティングを開催した。/割り当てた記者
デビュー2年目を迎えたマイネームは、去る5月、日本でジェフツアーコンサートを開催し、先月には日本ファン100人が韓国で、韓国ファンと一緒にファンミーティングを開催した。/ぺジョンハン記者

実際には、マイネームは、過去2011年10月にデビューした "中古新人 'である。'新人'という単語は、2年目のグループにさびしいだろうが、国内ではそれらはまだ新人で知っている視線が多い。しかし、日本の中でマイネームの認知度は、国内と確実に違う。昨年10月、日本でデビューした彼らは、日本国内に厚いファン層を保有していることで有名である。さらに特異なのは、日本のファンはマイネームを 'K-POPアイドルに分類するのではなく地元の歌手ぐらいに思っている。その理由についてメンバーインスは、 "何もない状態で '地面にヘディングするように日本のファンとぶつかったから"だ "と説明した。

"我々は、国内でいわゆる 'うまく行くアイドル"として日本を訪れた歌手ではないでしょう。日本で開始し、現地のファンと一緒に大きくきたので、特別に考えていると思います(インス)。 "


マイネームは、去る5月には、地元の人気尺度を計ることができる 'ゼェプツアー "も正常に終了しました。'ゼェプツアー "とは、東京お台場のZEPP·ダイバーシティで開くコンサートを意味するもので約2000人の観客を収容できるコンサートホールである。現地での認知度がない場合は、コンサートホールの貸館するのが難しい。

"5月に"マイネームライブツアー2013 - よりディファして 'というタイトルでジェフツアーをしました。日本はコンサート会場に、いわゆるステップ "段階"があります。ZEPPツアーを成功裏に終えた歌手は、約4万人を収容することができる東京ドームに行く機会が生じるのです。(ゴヌ) "

"実際には国内で定着したチームは、いわゆる認知度のある歌手が日本に渡ったらすぐに東京ドームで公演することができます。しかし、我々のような場合には、韓国での認知度を高めたことがなく、日本での認知度を高めて行ったチームだからじわじわ踏まなければならい。初めに100人、200人だったファンと一緒にした小規模コンサートで始めました。そうするうちにジェフツアーに移ったつもりなので、メンバーにもファンにも意味が大きかったようです(インス)。 "



行くのもあればくる方法もある。メンバーだけが日本に行くのはなかった。先月マイネームはデビュー2周年を記念して、国内でファンミーティングを開いた。300人のファンがメンバーの2周年記念日を祝うために一堂に集まり、このうち100人、3分の1は、日本のファンだった。

"ファンが直接航空券を購入し、ソウルに来ました。100人を超える方々が来て、私たちもびっくりした。実際には毎回感動であり、申し訳ありません。不慣れで大変でしょう....ファンたちがとても多様です。年齢層も多様でプレゼントするのも様々です(笑)。韓国のファンたちがとても熱心に応援して凝集力が強ければ、日本のファンは静かに音楽を鑑賞する方でしょう(セヨン)。 "

韓国と日本の両方の活動のマイネームがオリコンチャート(日本の音楽人気チャート)と国内オンライン音源集計基準についての考えも気になった。今年4月、マイネームは日本で発表した最初の正規アルバム 'ウィアマイネーム'がオリコンデイリーチャートとウィークリーチャート3位に上がる記録を立てたことがある。しかし、国内の音源順位では20位圏にとどまって惜しさを催した。

"日本はまだオンライン音源が中心ではなく、CDを中心に、音源収益が集計はなりません。ファンもMP3よりCDを好む方だよ。自分の好きなアーティストのCDを買って収集する文化があります(ゴヌ)。

"公演文化が発達したのも韓国と違う点です。私たちは、TVや放送に出て歌手たちが顔を知らせ、音楽を聞かせてくれるのが普通だが、日本はそうではありません。ほとんどのコンサートを中心に進めよいですので、国内活動と日本活動準備をするときにそれに合わせて別の方法で準備する方です(準Q) "。



◆日本での活動 "放射能よりも恐ろしいこと、孤独"

グループマイネームが11月中旬に予定され、日本のコンサートのために、ソウル龍山区漢南洞にある練習室でダンスの練習をしている。/ナムユンホ記者
グループマイネームが11月中旬に予定され、日本のコンサートのために、ソウル龍山区漢南洞にある練習室でダンスの練習をしている。/ナムユンホ記者


11月中旬、マイネームは、再び日本での活動のためにしばらく国内活動をしばらくたたんでスーツケースを梱包する。11月から予定されコンサートが終わる2014年1月からは日本でメンバーたちが主演を引き受けた映画が封切りをするため、広報や各種イベントなどで、再び忙しいスケジュールを消化する予定だ。マイネームのスケジュール表をちらっと見たらぎっしりと詰まった丸印がいっぱいだ。


"修学能力試験の勉強もしなければならなくてコンサートの準備もして....とても忙しかった。でも今は暇ですよ。日本に行くと目が回るくらい忙しい。どうやら日本は韓国より短くとどまっているのだからスケジュールをまとめ消化なければならない。ものすごいですね。日5〜6個は基本ですよ(チェジン)。 "

メンバーたちに日本での活動を、最も大変な点を尋ねた。すると意外にも忙しいスケジュールよりも意外なもので大変だと答えた。
"私は初めに食品に非常に苦労しました。日本料理甘くて塩辛いので。土俗的な口当たりなので適応する大変でした。母のおかずが懐かしかったです(ジュンQ)"。

"孤独なんです。どうしても韓国ではなく、両親がないから忙しい渦中にも不思議な気持ちがしましたよ(笑)。今後、日本や外国の活動を考えている友人がいる場合は非常に小さいものも念頭に置いて成長した心を持って国外活動を開始したらいいですね(セヨン)。 "

"1年以上の言語に苦労しました。本当に熱心に勉強しましたよ。しかし、本を見て勉強するとされているのではないんですよ。直接行って現地の人々とあたってこわれて恥をかくと増えましたよ(インス)"

最後に、韓国と日本を行き来するマイネームに両国のファンのために挨拶をお願いした。ファンが丁寧に準備してくれた贈り物を練習室や学習室に展示しておいて自慢していたメンバーたちだったが、恥ずかしくて手紙を書き始めた。引数は、日本での活動にしばらく韓国での活動を待つファンに颯爽と叫んだ。

"放射能の心配はしないでください。元気に過ごして帰ってきます。愛しています(引数)!"


マイネームメンバーが日本のファンへの手紙とファンにもらったプレゼントを持って明るく笑っている。/ナムユンホ記者
マイネームメンバーが日本のファンへの手紙とファンにもらったプレゼントを持って明るく笑っている。/ナムユンホ記者


マイネームメンバーが日本のファンへの手紙とファンにもらったプレゼントを持って明るく笑っている。/ナムユンホ記者
amysung@media.sportsseoul.com

 
Category: インタビュー
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 

놀이에 왔어

マイネームカムバック所感
”震えるよりときめく。全力を注ぐこと”

Mcon カムバックインタビュー
マイネームがカムバック書簡を伝えた。4日Mnet’エムカウントダウン’を通じてカムバックしたボーイズグループマイネームは、記者との出会いから役6か月ぶりに新曲”BabyI'm Sorry"とカムバックした所感を明らかにした。

✡6か月ぶりのカムバックと活動に多くの期待をしている。先月19日に行った記者会見でも明らかにしたが、今回の活動でブースターを付けなければいけないようだ。全力を尽くし注ぐ予定でいる(インス)

✡舞台に沢山立ってはいないが、不思議に舞台が震えない。カムバック舞台を控えて震えるよりときめく(セヨン)

キムジュンス、ビースト、アーリー、インフィニットなどそうそうたる歌手がカムバックを予告した7月の歌謡大典に出師表を投げたマイネームは歌謡大戦で生き残る方法についても口を開いた。

✡凄い先輩たちが大挙カムバックになる7月の歌謡大典で生き残る方法は別にあるとは思わない。そのまま熱心によくしてみると良い結果になるのではないか(ジュンQ)

✡自信があることは、ミュージックビデオだ。ティーザーでもわかるように、スケールがカクベツなブロックバスター級ミュージックビデオを作った。編集中のため私たちもまだ確認してみていない。自信がある(インス・セヨン・ジュンQ)

先マイネームは、俳優ユ・オソンと異種格闘教師選手チュ・ソンフン、そして、マイネームメンバー達が熱演した1分30秒のティーザーを公開した後、ミュージックビデオの大きな関心を集めてきた。これにこの日カムバック舞台を控えて公開されたミュージックビデオは、青少年不可判定を受けたほど破格的な映像とまるで映画を見るようで、ファンの注目を集めている。

✡ミュージックビデオ撮影しながらムズかい移転は無かった。先に日本で映画撮影をして経験ない経験をした可能性もある。最初からきつくなかったとは言えないが、楽しく撮影した(チェジン)

また、マイネームは最初のミニアルバムの話を聞かせて6曲の収録曲の自信も見せた。

✡収録曲があまりにも良くて収録曲の中でタイトル曲を決定する多くの困難があった。それほど良い曲で構成されている(ゴヌ)


本当によいアルバムだと思います!

そしてMVも♪

皆に沢山愛されるといいね~~~

ふぁいてぃん‼!
 
Category: インタビュー
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 

놀이에 왔어


ケンカしたことないですよ!
って言うグループがいるけど
MYNAMEは良くケンカします!と言う

兄弟って些細なことで喧嘩するよね!
でもどこかでつながってて
お互いに頼りにもする!

MYNAMEを見てると
本当に気心の知れた兄弟!
良いことも悪いことも受け止めあってる兄弟!
そんなグループだとしみじみ感じちゃった!!


マイネームが3年ぶりに持ち出した秘蔵の武器(インタビュー)


3年の秘蔵
 

BOAの歌‘マイネーム’で勘違いする。 歌手さらにネーム(The Name)とも混同する。 デビュー3年目をむかえたし、韓国と日本活動を併行したけれど現実はそうした。 なぜ3年の間の名前をきちんと知らせることができなかったのだろうか。 数多くの後輩はとして上がってきたし、これ以上押し出される席もない。 それで決意した。 グループ マイネーム(MY NAME),私たちの本当に名前を大韓民国全国民に知らせてみよう。 磨きあげたマイネームの秘蔵の武器を持ち出そう。

◆国威宣揚グループで国内正常グループで

新曲‘Baby I'm Sorry’はデビュー以来最も熱い反応だ。 レコード販売成績も良くて、地上波音楽プログラム順位で最も良い結果を得た。 数百時間練習したマイネームの努力を認められるようだった。 だが、満足するにはまだ不足した。 日本活動でそこまで取りまとめられなかった国内ファンたちとより多くの時間を過ごさなければならなかった。 絶えず生じる競争チームとの差別性を維持するための孤軍奮闘も必要だった。

その間日本映画の主人公を引き受けて撮影を終わらせた。 ジェフツアーを進めたし、現地正規アルバムも発売した。 日本では次第国威宣揚下はグループに成長したという評価を受けた。 メンバー間でより一層厚くなった。 相互間の偽りなしで問題を滑らかに解決できる方法も体得した。 もう本当に、一国首脳をとることだけ残ったんだな。

 


熱心にはもちろん身近に近寄ると念を押したリーダーコンウ、不足した認知度を引き上げるために一体捧げるというセヨン、必死に最善を尽くして大衆に認められたいというインス、熟成された内面を舞台の上でまじめな人の味で見せてあげたいというジュンQ、兄たちに迷惑でない助けになるという末っ子チェジンまで覚悟を固めた。

減らした少しの間とまともに取りまとめることが出来なかった食事で疲れる時もある。 だが、今が瞬間を耐え忍ばなければならないと信じる。 その場はあきらめたいが、いつかはその時間を後悔することになる。 目の前に近づいた状況はそんなにたやすくいくがだけでもしない。 現実的に軍入隊問題もある。 メンバー電源が同伴入隊後除隊していつまでも行く図も描いてみた

 


◆マイネームが明らかにした本物マイネームは

3年越える時間を共に送ったマイネーム. 果たして五メンバーはお互いに対してどれだけ知っているだろうか。 長所と短所はもちろんお互いに似合うほどの理想まで積極的に推薦した。 返答を聞いたメンバーの満足度はそうだな~

セヨンはメンバーの長所を一つずつ挙げた。
感情を体で表現できるインス兄、魅力的な声を持つジュンQ、吸収力がはやくて可能性が多いチェジン、話より行動でリーダーシップを見せるコンウ兄だと評価した。

コヌはメンバーの性格に対して
インスは対人関係が卓越して、ジュンQは優しい性格で世の中にことがなくて、チェジンは見れば見るほど魅力ある世の中唯一のキャラクター、セヨンは人見知りを最初から分からない習う点が多い野郎だと説明した。

 
インスはメンバーに 似合う女性像 を紹介した。
ジュンQには友人のように過ごすことができる年上の女性を、チェジンが姉らと良く過ごすと強い男性になるためにかえって年下を、セヨンは必ず美しい女だけ固執せずにリードできる女を、コンウは自己防御が強くて個性剛悍相手に会うように願うと伝えた。

ジュンQメンバーに不足した部分を一つずつついた。
インス兄は直接的な話法でややもすると損傷を与える事もでき、セヨン兄は性格がとても急で、コヌ兄は感情を表現しないので把握しにくくて、チェジンはまだ幼くて習わなければならないことが多い 
と助言した。

チェジンは メンバーに 似合う放送プログラム を推薦した。
インス兄はチームワークが光る芸能プログラム、コンウ兄は常識が多くてクイズプログラム、ジュンQ兄は声が良くてラジオ プログラム、セヨン兄はどこでも引き立って見えそうだとし笑った

キムイエナ記者yeah@tvreport.co.kr /写真=ムン・スジ記者

記事出処



 
Category: インタビュー
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2017 ちょんちょに~ ぴょんとくおんまが行く, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。