こよなくHWANHEEたんを愛し、柱の陰からMYNAMEを応援し続けるアジュンマの日記でございます。
http://pyontokuya50.blog111.fc2.com/
admin
 

プロフィール

ぴょんとくや

Author:ぴょんとくや
R&BシンガーHWANHEE&アイドルMYNAME溺愛中♡
あちこちからお気に入りをスクラップ?しながら想いを綴ってます。

検索フォーム

QRコード

QR

놀이에 왔어

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]

놀이에 왔어


MYNAME"1 段ずつ ゆっくり 頂上に上がります"[インタビュー]

 



[OSEN=황미현 기자] さらに深まった。 グループ マイネームが数ヶ月ぶりにどんどん男の香りをいっぱい含んでカムバックした。
マイネームは去る25日7ヶ月目に新しいアルバムを発売、タイトル曲'それしきのこと'を出した。 今回のアルバムにはメロディ ラインよりはトレンディーなエレクトロニックにメンバーの感覚的なビジュアルがたっぷり含んでいた。

去る空白期の間日本で大きい認知度を積んで帰ってきたマイネームには余裕があるということが感じられた。 その間自分たちに起きたエピソードと成長期などをならべるのに忙しいマイネームだった。


最近ソウル弘大(ホンデ)近隣で会ったマイネームは特有の茶目っ気あふれる微笑で記者をむかえた。 色々で染めたヘアースタイルが視線を圧倒した。 ニコニコ笑って"良く過ごされたか"という礼儀正しい彼らの要人に微笑が含んだ。
マイネームは既にしたメロディ ラインが浮び上がった曲を捨ててエレクトロニックとレトロ サウンドが混ぜ合わせたジャンルを選んだ。 180度変わったマイネームが新鮮に感じられる瞬間だった。 女にだまされながらも恋人を忘れることができない男の心を歌ったマイネームは舞台の上で真剣だったし、シックだった。 だが、舞台の下では可愛い五男に変貌するそれこそ八色鳥魅力の人物. これらに先に新曲に対して尋ねた。
"今回のコンセプトはレッドです。 アルバムにも赤色がいっぱい含まれています。 レッドを主にして個人ごとに変身をたくさんしました。 私たちの魅力的でないですか?"(コンウ)

 
マイネームは去る7ヶ月の間日本で活発な活動をした。 その結果現地ではすでに単独コンサートも払ったし、サイン会と握手会要請が殺到するほど人気が高い。

"仕事をした方々が私たちをたくさん好んで下さい。 私たち、また下手だが日本語で挨拶して疎通しようとたくさん努力します。 オリコン トップ10にも上がって、本当に大当たりでしょう。 日本では固定放送もしています。 私たちの名前を掲げたプログラムも生じましたし。"(セヨン)

日本で受けた育てる韓国でゴウゴウ広げて出したいというマイネームは今回の新曲'それしきのこと'に対する期待が高かった。 既存曲らと多少の雰囲気が違って心配としながらも、自信があるとしげんこつをぎゅっと握るとみられるこれらだった。

"アイドルチックな歌です。 既存とは色がちょっと違うが聞くならば中毒されるでしょう? 私たち間でうまくいくことだといつも注文を歩きます。 1段ずつ物静かに上がって私たちの目標を成し遂げたいです。 一気に頂上に上がるつもりありません。"(ジュンQ)


 歌がさっと変わりましたよ。 負担はあります。 先輩、後輩中立派な方々もたくさん出るからです。 だが、私たちの舞台必ず見て下さい。 振付け師とてもパワフルです。 ポイント振付け師骨盤はねること、発車期などがあるのに率直にライブと併行するのが難しいが完ぺきにやり遂げようとこの頃昼夜なしで練習にまい進しています。"(引き受け)
"

マイネームは歌手歓喜が導いているグループでもある。
今回のマイネームの曲やはり歓喜の手を経た。

"歓喜兄が曲を決めてタイトルに行こうといいました。 既存の私たちのスタイルと違ったので初めには拒否感があったが聞くほど陥りました。 大衆も安らかに聞き入れられたらいいですね。 この頃大衆の傾向に合うように出てきたので運動する時聞いてもかまわないよ。 私たちのマイネームがこのような色も出すことができて私に重点を合わせられたらいいですね。"(チェジン)

新年を迎えて新しいアルバムを持ち出したマイネームであるだけに覚悟と目標意識が格別だった。 これらは1等よりは大衆との疎通をより一層重要視した。 目標やはり温かかった。

"もちろん1位したいです。 だが、今回のアルバムを通じてぴったりある階段湾上がりたいです。 どんな映画を見る時も興行しないけれど作品性があるように私たち、また内面空白あるアルバムを作り出したいです。 私たちの五人全部悲壮な覚悟になっています。 瞬間毎熱心にして一段階ずつ前進するでしょう。 はやく上がる事より長く留まることがさらに重要ではないですか?"(インス、コンウ)





スポンサーサイト
 
Category: MYNAME
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ちょんちょに~ ぴょんとくおんまが行く, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。