こよなくHWANHEEたんを愛し、柱の陰からMYNAMEを応援し続けるアジュンマの日記でございます。
http://pyontokuya50.blog111.fc2.com/
admin
 

プロフィール

ぴょんとくや

Author:ぴょんとくや
R&BシンガーHWANHEE&アイドルMYNAME溺愛中♡
あちこちからお気に入りをスクラップ?しながら想いを綴ってます。

検索フォーム

QRコード

QR

놀이에 왔어

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]

놀이에 왔어

[쿠키 人터뷰] マイネーム、日本で通じた…今度は韓国で
 2013-02-07 11:12

[인터뷰] 数えきれない程たくさんあふれるアイドル グループの国内市場競争は激しくて行くばかりだ。 それで大いにグループが視線をそらす所は日本だ。 まだレコード市場が活性化していて、韓流ブームが生きていると判断するためだ。 しかし実状結実を結ぶことは容易ではない。 すでにある程度認知度を有している韓国アイドル歌手が堅固なためだ。

去る2011年10月デビューした5人組男性グループ マイネーム(セヨン、インス、ジュンQ、コンウ、チェジン)はこのような面で意外な結果を産んだ。 7ヶ月ぶりに二番目シングル タイトル曲‘それしきのこと’を持って国内カムバックしたマイネームが一層自信あふれた姿で舞台に立てるようにした原動力やはりこのような日本での高い人気を土台にする。

2012年日本に進出したマイネームは現地で日本文化を習った。 応急室に乗せられていったりもしながら苦労したが、創業して100年になった日本最大演芸企画会社吉本興業と契約を結んだ。 吉本興業の初めての外国人アーティストであった。 その年7月には日本で発売したシングル‘メッセージ’で日本タワーレコード週間レコード販売チャート1位を記録したし、音源はオリコン チャート7位まで上がった。 二番目シングル‘ワッツオプ’はオリコン チャート5位まで上がった。

昨年年末には日本、大阪と東京をつなぐ5000人規模の単独コンサートを開催したことはもちろん、東京都で放送される地上波チャネル東京MXを通じて‘マイネームWキッチン’という料理プログラムをリリースした。 日本公式ホームページには‘韓国語教育動画’を掲載してファンたちを相手に韓国語を教えている。

“日本でコンサートをする当時には事実デビューでないカムバックなのでもう少し易しかった点がありましたよ。 そしてそのコンサートを通じてもう少したくさん知らされたようです。 事実珍しいと感じたことは韓国で私どもが活動をたくさんしはしなかったのではないですか。 それにもかかわらず歓迎して下さいましたよ。 別の見方をすればコンテンツもあまりないのに調べてみて下さることが感謝しましたよ。”

これは多分マイネーム メンバー一人一人のキャラクターが明確なためだ。 そしてこういう明確なことは日本国内ファン層まで分けられるようにさせた。
インスは男性的なキャラクターのためなのか男ファンたちが多くて、
コンウとセヨンは30代以上の女ファンたちが多い。
ジュンQとチェジンは幼い年齢のせいなのか、10台と20台女性たちの愛を受けている。

好むファン層が少しずつ違うが、誰1人が人気が良し悪しがないようです
またそうした点ために私どもが持つ姿やはり違うようにお見せすることができてよ。 もちろんこのような姿が日本だけでなく韓国でも調べてみて下さったらいいですね。”

その間難易度高い振りつけをリリースしたマイネームだが、今回の‘それしきのこと’振りつけやはり侮れない。
“あの振りつけをしながらライブが可能だろうか”
という気がするほどであった。

“大変です。 動作自体も大きくて破格的で事実ライブを大いに心配しました。 だがしなければならないでしょう。(笑)安定的に振りつけとライブ舞台を整えようとして見たらものすごく練習をしなければならなかったんですよ。 肉もたくさん陥りました。 もちろんこのように舞台を消化できるには日本での経験が多いに役に立ちましたよ。”

これらは新人としては挑戦するのが難しい単独コンサートを来る3月2日ユニクロ アクスホルで開催する。 ‘さらにピギニン’というタイトルで女はこの公演は日本で蓄積した経験をそっくり国内ファンたちに申告する席でもある。

“はやくお見せしたいです。 もちろん恐れもあります。 日本とは違うでしょう。 それでもファンたちと近くで会うことができるということはいつも気持ち良いことのようです。 今回特に個人舞台はもちろん多様な見どころを準備したのでたくさんきて下さったらいいですね。”

確かにデビュー3年目にもかかわらず大きい舞台に立った経験は余裕でにじみ出た。 不意に“理想が誰か”という質問にも上手に“ハン・ヘジン”(インス),“アフタースクールナナ”(チェジン),“ムン・チェウォン”(コンウ),“キム・サラン”(セヨン),“ハン・ヒョジュ、イム・スジョン”(ジュンQ)と堂々と(?) 答えた。 しかしいたずらに充ちた質問にいたずら混ざった答弁をしたこれらも“それでどのように認められたいのか”という質問には真剣だった。

“人気があれば良いです。 だが、人気よりは認められる歌手になりしたいです。 歌や踊りすべての部分で大衆らだけでなく、同僚歌手までも認めるかが需要. そしてそのような自信もあります。 今回の曲活動とコンサートを通して見せて差し上げるつもりです。”


スポンサーサイト
 
Category: MYNAME
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ちょんちょに~ ぴょんとくおんまが行く, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。