こよなくHWANHEEたんを愛し、柱の陰からMYNAMEを応援し続けるアジュンマの日記でございます。
http://pyontokuya50.blog111.fc2.com/
admin
 

プロフィール

ぴょんとくや

Author:ぴょんとくや
R&BシンガーHWANHEE&アイドルMYNAME溺愛中♡
あちこちからお気に入りをスクラップ?しながら想いを綴ってます。

検索フォーム

QRコード

QR

놀이에 왔어

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]

놀이에 왔어





マイネーム"目標にゆっくり上がってゆっくり降りてきますね"

二番目シングルレコード'それしきのこと'発表
(ソウル=聯合ニュース)イ・ウンジョン記者=去る22日アイドル グループ マイネーム(インス、チェジン、ジュンキュー、コンウ、セヨン)がプルライトゥドスカイの'ミシン ユー'(Missing You)を呼んだ映像がユーチューブで話題になった。 プルライトゥドスカイの歓喜が育てるグループらしくメンバーの歌唱力がかなり水準級だったためだ。
去る2011年デビューしたマイネームは今年で3年目をむかえた。 デビュー当時歓喜がプロデュースしたグループで注目されたがほぼ同じ時期登場したチームのように上昇の勢いは満足できなかった。
最近二番目シングル レコード'それしきのこと'を発表したこれらは乙支路(ウルチロ)で行ったインタビューで今回の活動をしながら心がけが変わったと口をそろえた。
"登山道具を準備する時ときめくが実際に山に登れば大変なようにデビューを準備する時夢に膨らんだが実際に歌手になると容易ではありませんよ。 だが、山を一気に上がればはやく降りてきてゆっくり上がればゆっくり降ろしてくる方法でしょう。 私たちは今遅く降りてくるためにゆっくり目標に向かって上がっているところです。 ハハ。"(メンバー)
これらの騰勢がのろくなったのは昨年6月最初のシングルレコードを発表した後日本活動に時間を割愛したためだ。 昨年7月25日日本デビューシングルをリリースしたのに続き11月再び渡っていって二月間留まって公演とプロモーションを広げた。
ジューンキュー(Q)は"国内デビューと同時に日本活動を併行したもよう"としながら"国内市場で地位を固められなかったが日本ではシングル2枚を出して大阪と東京で総2回公演をしたが成績が良かった"と説明した。
その間これらより一歩遅れてデビューしたピエイピ(B.A.P)等の後輩が頭角を現わし始めた。 あせった心も入りそうだった。
しかしインスは"1等ではなくてはいけなくて欄あせった気がする時もあったが日本活動をしながら感じた点が多かった"として"国内では放送中心のプロモーションが重要で'放送に露出しなければどうするか'という(のは)心配で萎縮したが日本で公演活動をして自信をたくさん得た"と説明した。
マインド コントロールをしたメンバーは再び始めるという気持ちで自分たちを知らせるための積極的な広報戦略を試みた。
動画ライブ ストリーミング プラットホームであるユースゲップで日常生活を加減なしで見せる'マイネーム イズ マイネーム'という(のは)プログラムを毎週月曜日リリースすること。
"私たちの日常を心配しているファンたちのために私どもの一日を'チッケム'でとって公開します。 宿舎で起床する姿から振りつけ練習室、媒体インタビュー現場、音楽放送出演前控室の姿など私たちの24時間を一週間に一回ずつリアルに見せます。"(チェジン)
そのおかげでファンクラブ会員数も1万 5千人に増加した。 ファンたちはメンバーそれぞれのおもしろい履歴にも関心を見せた。
ジューンキューはデビュー前の高校時期アルバイトで教科書モデルをした。 ある出版社の中学校2学年社会、科学教科書表紙でイ・スンギを似ていた姿で登場してファンたちの間で'教科書イ・スンギ'と呼ばれる。 ジューンキューは最近教科書モデル再契約事実が知らされることもした。
JYPエンターテインメント練習生出身であるセヨンは3年間2AM,2PMと共に宿舎生活をして歌手の夢を育てた。
また、世宗(セジョン)大舞踊科出身である引き受けはデビュー全(前)2年間新体操看板選手であるソン・ヨンジェとシン・スジのバレーレッスン先生をした経歴がある。 また、エムネット オーディション プログラム'スーパースターK 2'に挑戦することもした。
しかしメンバーは履歴より音楽が上手な歌手と認められたいと強調した。
セヨンは"容貌至上主義、企画商品などアイドルに対する偏見がある"として"音楽プログラムに露出する3分内にそのような先入観を破るのが容易ではない。 だが、私たちはその3分のために300時間超えて練習するというのを分かってくれたら良いだろう。 時にはそのような先入観で誤記(負けん気)もできるのに私たちだけのスタイルを刻印させてメンバー各自の才能を磨きあげるのに努めるだろう"と強調した。
インス"まだ私たちを分からない人々が多い"として"だが、私たちの音楽を聞いてティアラ小宴、エムブルレク勝湖(スンホ)、ピウォネイポ山々などの先輩たちが歌が良いと称賛した。 時間がかかるだろうが先後輩歌手にも認められる歌手になりたい"という抱負を付け加えた。
これらの望みどおり新曲'それしきのこと'は10-20代ファンたちの間にうわさが立っている。
来月3日には麻浦区(マポグ)、西橋洞(ソギョドン)インターパーク アートセンターで'さらにピギニン'(THE BEGINNING)という(のは)タイトルで国内初めての単独公演を開催する。 引き続き来月27日日本で正規1集を発表して5月には名古屋、大阪、東京のジェフ公演会場を回るツアーも予定されている。
"昨年日本で公演を終えて舞台から降りるのに孤独でむなしい気がしました。 それではやく次の舞台に上がりたいですよ。 それが公演の魅力であることのようです。 韓国と日本で舞台の規模を増やしながら長く歌うのが目標です。"(メンバー)
 
 

スポンサーサイト
Category: MYNAME
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ちょんちょに~ ぴょんとくおんまが行く, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。