こよなくHWANHEEたんを愛し、柱の陰からMYNAMEを応援し続けるアジュンマの日記でございます。
http://pyontokuya50.blog111.fc2.com/
admin
 

プロフィール

ぴょんとくや

Author:ぴょんとくや
R&BシンガーHWANHEE&アイドルMYNAME溺愛中♡
あちこちからお気に入りをスクラップ?しながら想いを綴ってます。

検索フォーム

QRコード

QR

놀이에 왔어

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]

놀이에 왔어

2013.03.03/ 02:44(Sun)



マイネーム"毒気抱いてカムバック準備…韓国活動ひもじかった"

[ティブイデイルリキム・ジンギョン記者]グループ マイネーム(コンウインスセヨン ジューンQチェジン)は整えることがない。 通常の同じ年頃と違わなかった荒っぽい姿から期待以上の率直さまで、色とりどり魅力で瞬間毎目を離すことができなくさせる。

昨年6月発売した初めてのシングル アルバム以後しばらく国内活動を休んだマイネームが二番目シングル アルバム‘それしきのこと’を発表した。 その間日本で活動に注力したために約7ヶ月、かなり長い空白期を持たなければならないことに“韓国活動がとてもひもじかった”と口をそろえて話すマイネームだ。

“日本活動をしながらも長くなる空白期が恐ろしかったです。 それで今回のアルバム準備を本当に熱心にしたようです。 もう少し素敵な姿を見せるべきだとの考えに毒気を抱いて活動を準備しました。 ‘いよいよ私たちが何かを見せにきた’という気持ちで舞台に立ったことのようです”(インス)

“日本にあっても韓国が常に懐かしくて、活動でもっとしたいという気がしましたよ。 私たちが見せてすることができることがこの上ないかをいつも考えることになることのようです”(セヨン)

アルバム発表後持つカムバック舞台. マイネームはメンバー一人一人の実力はもちろんパフォーマンス、舞台マナー全一階アップグレードされた姿で多くの人々の世間の注目を集めた。 短い期間の間成し遂げたマイネームの‘急成長’は公演および放送活動などその間日本で積んだ経験から始まったのだ。

去る空白期の間マイネームは日本で滞留して現地プロモーションに拍車を加えた。 各種芸能と音楽プログラムに出演して認知度をアップしたし、路上公演から5千席規模の単独コンサートまで約100回を越える公演を自分たちだけのノウハウを積んだ。

“多くの公演を通じて自然に経験が積もって見たら確かに舞台が楽になったとのことを感じます。 ‘それしきのこと’活動をしながらメンバー全部成熟したようだという気がします”(コンウ)

“韓国でも公演をたくさんしたいです。 公演では放送だけであらわれるイメージだけでない多様なマイネームの姿をお見せすることができますね。 公演を通した出会いをたくさんしたいがまだそうするには環境的に困難があって…先に放送を通じてマイネームをさらに多く知らせることが順序であることのようです”(インス)







デビュー超歌手歓喜が養成したアイドル グループで注目をあびたマイネーム. もう‘歓喜ボーイズ’という荷札を離して彼らだけの色を確かにするための成長を繰り返していっている。

“初めから多くの関心を集めることができたこと全部歓喜兄徳人ようです。 多いに役に立っていつも有難いです。 歓喜兄バックアップダンサーで初めて放送局に行った時は廊下や階段で休んだりしたが、もう私たちの控室があるということが本当に珍しかったようです。 ハハ”(セヨン)

“歓喜兄の几帳面で完ぺきな姿に似通っていくようです。 近くで見守って多くのことを学ぶことが他のアイドルとは差別化された魅力を作るのでないかと思われます。 作られたイメージでない率直な姿もマイネームだけの魅力だと考えます”(コンウ)

‘事実でない誤解の悪リプライが走る時気に障る’というジューンQ、‘芸能人バスケットチームで一緒に運動をする兄たちも私が何のパートを担当するのかよく分からなかったよ’としてため息を吐くインス

直接あるいは間接的に体験したアイドル偏見に対するメンバーの経験談にセヨンは“偏見を破ろうとするよりは私たちの音楽を熱心にすることが先にのようだ。 そのように見れば実力で認められる日が必ずくると思う”ともう一度気を引き締める。

“空白期が長いと見るとカムバックをするたびに‘0’で再び始めることになるようです。 ‘新人賞受賞’ ‘1位をハザラは目標より今は認知度をアップすることが最優先だと考えます。 今年にはマイネームを知っている人がもう少し多くなればという風です”(セヨン)

“1位することももちろん成功したわけだが個人的には10年、20年いつまでも歌手活動をすることができるならば本当に成功したものと考えます。 歓喜ヒョンもそうで最近活動中であるムン・ヒジュン、キム・テウ先輩を見れば本当にすごくて素晴らしいという気がします”(コンウ)

“大衆が考えた時‘トップ10’で挙げることができる歌手でしたいです。 その考えが長引くほどさらに成功したのではないかという考えが同じです”(チェジン)


スポンサーサイト
 
Category: インタビュー
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ちょんちょに~ ぴょんとくおんまが行く, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。