こよなくHWANHEEたんを愛し、柱の陰からMYNAMEを応援し続けるアジュンマの日記でございます。
http://pyontokuya50.blog111.fc2.com/
admin
 

プロフィール

ぴょんとくや

Author:ぴょんとくや
R&BシンガーHWANHEE&アイドルMYNAME溺愛中♡
あちこちからお気に入りをスクラップ?しながら想いを綴ってます。

検索フォーム

QRコード

QR

놀이에 왔어

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]

놀이에 왔어

10月になんでこんなに殺到したんだろうね♪
でも、この中に参加して少しでも上位に入る事が出来たら
凄い成果だと思うね~


元記事⇒http://news.nate.com/view/20131010n05130

(訳)今日からカムバック舞台降り注ぐ....なんと9チーム同時出撃

記事画像

現在、実際の戦争である。歌謡界に類を見ない同時カムバック戦争が繰り広げられている。
10日Mnet 「Mcountdown」を始まりに、今週の音楽プログラムを通じて、なんと9チームがカムバック舞台を持つ。
カムバックのチームが殺到すると、復帰時に習慣的に持った2曲以上の特別ね舞台は、わずか2~3チームのみが享受する見込みだ。

8日0時正規3集「近代」を発表して音源チャートをせっかんしているIUは10日「Mcountdown」を通じてタイトル曲「ピンクの神」のライブステージを披露する。
前にショーケースを介して黒のミニスカートに赤い靴をマッチさせ、刺激的なダンスを踊る舞台を公開した事がある彼女は、今回カムバックで自分の姿を「魔女」に設定し、一層より自由な姿を見せてくれると言う覚悟だ。

来る14日カムバックするShineeはこの日放送を通じてカムバック舞台を先行公開する。
簡単にくちづさめるメロディーにファンキーなリズムが引き立つ新曲「エブリバディ」を公開するShineeは、息徳の完成度の高いパフォーマンスに、より簡単に近づくことができるポイントを入れて一層もっと大衆的に進化したと言う評価を受けている。

T-ARAは、10日正午新曲「ナンバーナイン」、「感じ知ってるから」音源を発表してすぐに「Мcountdown」を通じてカムバック舞台を持つ。「ナンバーナイン」はT-ARAの「ポビッポビブ」、「ローリーポリ」など大ヒット曲を書いたシンサドンホレンともう一度呼吸を合わせた曲。
悲しい気分で初めて中毒性の強いメロディーに進む反転魅力の歌だ。

Afterschoolを卒業してソロにでる歌姫は2番目のミニアルバム「フーアーユー(Who aer you?)」をリリースする。先だって公開されたティーザーで、セクシーで挑発的な姿を披露した彼女は。タイトル曲「イッツミー(It’s me)」と率直で新鮮な魅力を見せてくれると言う願望。
パフォーマンスが強いログインほどカムバック舞台にも大きな関心が集まっている。

Mnet「スーパースターK4」出身で、各種芸能まで渉猟したジュン・ジュンヨウンはこの日午前11時ショーケースを開き、正式カムバックに出る。2013年モデル本格的なロックバラードを標榜したタイトル曲「別離の10分前に」はミュージックビデオにMBC「私たち結婚しました」の仮想妻チュン・ユミが出演して話題を集めた状態。
この曲が最近奮わなかったロックバラードに力を与えることができるのか期待が高い。

ナインミュージスは本格的にセクシーなグループに出る。来る14日デビュー2年ぶりに正規1集「歌姫(Prima Donna)」を発表したナインミュージスは10日「Мcountdown」からカムバック舞台を持つ予定。更に艶やかでセクシーな魅力で、猫のような難解な魅力を披露すると言う覚悟だ。タイトル曲「件(GUN)」はスウィートチューンと呼吸がどうか関心を集めている。

ガールズグループAOAもセクシーな魅力を新たに搭載した。これらは先だって公開した「揺れ」ミュージックビデオteaserで、Sラインと魅力的な唇ダンスなどを公開して期待を高めた。破格的なパフォーマンスにセクシーなポーズで、既存のイメージを完全に脱した彼女らは10日Mcountdownからカムバック舞台を公開する予定だ。

ボーイズグループMYNAMEはイ・ヒョンドの支援射撃を受けて目を引く。来る11日に発表される新曲「デイ・バイ・デイ(Day bY Day)」のイ・ヒョンドがフューチャリングに参加した。彼はアイドルグループのフューチャリングを務めるのはデビュー20年ぶりに初めてだ。この曲を作詞、作曲までしたイ・ヒョンドはMYNAMEを介してホットアイドル競争市場に飛び込むことになって、その結果に成り行きが注目される。

人で帰ってきた少年共和国のカムバック舞台も準備された。北欧現地でパク・グンテPDの指揮の下、世界的な作曲家のグループであるDsign音楽とスウェーデンの神の作曲チームであるD3O、実力は国内作曲家たちが呼吸を合わせた新しい圧バムを出した享年共和国は、タイトル曲「お前は私に特別に」と、より荒い魅力を見せる予定。

以外にもカムバック舞台を飾ったがキムジンピョが10日正午リンフューチャリングあいた新曲「ゾンビ」を発表するなど、音楽放送と音源チャートが大きく揺れる見通しだ。



凄い勢いでニュースになってますが
今の韓国の音楽業界が大変だってことが分かったかな~
そんな中で歌い続ける歌手たちは本当に大変なんだろうな~

仕方ないよね
そんな世界に飛び込んだ5人だもの
 
teaserのアクセス数だって人気グループとじゃ最初から桁が違う...
だけど大丈夫!
君たちの笑顔がきっと巻き込んでくれる!
笑う門には福が来るよ!


頑張れ~
応援してるよ~~~
ふぁいてぃん‼







スポンサーサイト
 
Category: K-POP
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ちょんちょに~ ぴょんとくおんまが行く, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。