こよなくHWANHEEたんを愛し、柱の陰からMYNAMEを応援し続けるアジュンマの日記でございます。
http://pyontokuya50.blog111.fc2.com/
admin
 

プロフィール

ぴょんとくや

Author:ぴょんとくや
R&BシンガーHWANHEE&アイドルMYNAME溺愛中♡
あちこちからお気に入りをスクラップ?しながら想いを綴ってます。

検索フォーム

QRコード

QR

놀이에 왔어

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]

놀이에 왔어

2013.11.10/ 19:20(Sun)
[SS調査報道-K-POPレポートto東京③]
マイネーム、日本から浮かび上がった'逆回りアイドル"(インタビュー)

5人組ボーイズグループマイネームが4日午前、ソウル龍山区漢南洞にある練習室で日本公演のための練習に汗を流している。/ナムユンホ記者
5人組ボーイズグループマイネームが4日午前、ソウル龍山区漢南洞にある練習室で日本公演のための練習に汗を流している。/ナムユンホ記者


[スポーツソウルドットコム|ソンジヨン記者] "日本での活動です?放射能の心配よりも大変なのは孤独です。"

4日午前、ソウル龍山区漢南洞にあるの5人組ボーイズグループマイネーム(セヨン、インス、ゴヌ、ジュンQ、チェジン)の練習室を訪れた。2週間後に日本で三番目シングル 'デイ·バイ·デイ "でのコンサートを控えたメンバーたちは公演準備の真っ最中だった。汗を流して日本のファンに見せてくれる特別な公演を準備するメンバーたちの表情は一様に明るかった。そんな彼らに会うやいなや、 "石直球"の質問をしてみた。
"マイネームはなぜ韓国より日本で人気が多いですか?"

◆小規模公演から、ジェフ·ツアーまで...日本で '地面にヘディングする "
マイネームは日本語の勉強をしてからのインタビューを行っている。 彼らは2012年10月に日本でデビューして、現地で国内よりも熱い人気を集めている。/ナムユンホ記者
マイネームは日本語の勉強をしてから<スポーツソウルドットコム>とインタビューを進行している。彼らは2012年10月に日本でデビューして、現地で国内よりも熱い人気を集めている。/ナムユンホ記者

デビュー2年目を迎えたマイネームは、去る5月、日本でジェフツアーコンサートを開催し、先月には日本ファン100人が韓国で、韓国ファンと一緒にファンミーティングを開催した。/割り当てた記者
デビュー2年目を迎えたマイネームは、去る5月、日本でジェフツアーコンサートを開催し、先月には日本ファン100人が韓国で、韓国ファンと一緒にファンミーティングを開催した。/ぺジョンハン記者

実際には、マイネームは、過去2011年10月にデビューした "中古新人 'である。'新人'という単語は、2年目のグループにさびしいだろうが、国内ではそれらはまだ新人で知っている視線が多い。しかし、日本の中でマイネームの認知度は、国内と確実に違う。昨年10月、日本でデビューした彼らは、日本国内に厚いファン層を保有していることで有名である。さらに特異なのは、日本のファンはマイネームを 'K-POPアイドルに分類するのではなく地元の歌手ぐらいに思っている。その理由についてメンバーインスは、 "何もない状態で '地面にヘディングするように日本のファンとぶつかったから"だ "と説明した。

"我々は、国内でいわゆる 'うまく行くアイドル"として日本を訪れた歌手ではないでしょう。日本で開始し、現地のファンと一緒に大きくきたので、特別に考えていると思います(インス)。 "


マイネームは、去る5月には、地元の人気尺度を計ることができる 'ゼェプツアー "も正常に終了しました。'ゼェプツアー "とは、東京お台場のZEPP·ダイバーシティで開くコンサートを意味するもので約2000人の観客を収容できるコンサートホールである。現地での認知度がない場合は、コンサートホールの貸館するのが難しい。

"5月に"マイネームライブツアー2013 - よりディファして 'というタイトルでジェフツアーをしました。日本はコンサート会場に、いわゆるステップ "段階"があります。ZEPPツアーを成功裏に終えた歌手は、約4万人を収容することができる東京ドームに行く機会が生じるのです。(ゴヌ) "

"実際には国内で定着したチームは、いわゆる認知度のある歌手が日本に渡ったらすぐに東京ドームで公演することができます。しかし、我々のような場合には、韓国での認知度を高めたことがなく、日本での認知度を高めて行ったチームだからじわじわ踏まなければならい。初めに100人、200人だったファンと一緒にした小規模コンサートで始めました。そうするうちにジェフツアーに移ったつもりなので、メンバーにもファンにも意味が大きかったようです(インス)。 "



行くのもあればくる方法もある。メンバーだけが日本に行くのはなかった。先月マイネームはデビュー2周年を記念して、国内でファンミーティングを開いた。300人のファンがメンバーの2周年記念日を祝うために一堂に集まり、このうち100人、3分の1は、日本のファンだった。

"ファンが直接航空券を購入し、ソウルに来ました。100人を超える方々が来て、私たちもびっくりした。実際には毎回感動であり、申し訳ありません。不慣れで大変でしょう....ファンたちがとても多様です。年齢層も多様でプレゼントするのも様々です(笑)。韓国のファンたちがとても熱心に応援して凝集力が強ければ、日本のファンは静かに音楽を鑑賞する方でしょう(セヨン)。 "

韓国と日本の両方の活動のマイネームがオリコンチャート(日本の音楽人気チャート)と国内オンライン音源集計基準についての考えも気になった。今年4月、マイネームは日本で発表した最初の正規アルバム 'ウィアマイネーム'がオリコンデイリーチャートとウィークリーチャート3位に上がる記録を立てたことがある。しかし、国内の音源順位では20位圏にとどまって惜しさを催した。

"日本はまだオンライン音源が中心ではなく、CDを中心に、音源収益が集計はなりません。ファンもMP3よりCDを好む方だよ。自分の好きなアーティストのCDを買って収集する文化があります(ゴヌ)。

"公演文化が発達したのも韓国と違う点です。私たちは、TVや放送に出て歌手たちが顔を知らせ、音楽を聞かせてくれるのが普通だが、日本はそうではありません。ほとんどのコンサートを中心に進めよいですので、国内活動と日本活動準備をするときにそれに合わせて別の方法で準備する方です(準Q) "。



◆日本での活動 "放射能よりも恐ろしいこと、孤独"

グループマイネームが11月中旬に予定され、日本のコンサートのために、ソウル龍山区漢南洞にある練習室でダンスの練習をしている。/ナムユンホ記者
グループマイネームが11月中旬に予定され、日本のコンサートのために、ソウル龍山区漢南洞にある練習室でダンスの練習をしている。/ナムユンホ記者


11月中旬、マイネームは、再び日本での活動のためにしばらく国内活動をしばらくたたんでスーツケースを梱包する。11月から予定されコンサートが終わる2014年1月からは日本でメンバーたちが主演を引き受けた映画が封切りをするため、広報や各種イベントなどで、再び忙しいスケジュールを消化する予定だ。マイネームのスケジュール表をちらっと見たらぎっしりと詰まった丸印がいっぱいだ。


"修学能力試験の勉強もしなければならなくてコンサートの準備もして....とても忙しかった。でも今は暇ですよ。日本に行くと目が回るくらい忙しい。どうやら日本は韓国より短くとどまっているのだからスケジュールをまとめ消化なければならない。ものすごいですね。日5〜6個は基本ですよ(チェジン)。 "

メンバーたちに日本での活動を、最も大変な点を尋ねた。すると意外にも忙しいスケジュールよりも意外なもので大変だと答えた。
"私は初めに食品に非常に苦労しました。日本料理甘くて塩辛いので。土俗的な口当たりなので適応する大変でした。母のおかずが懐かしかったです(ジュンQ)"。

"孤独なんです。どうしても韓国ではなく、両親がないから忙しい渦中にも不思議な気持ちがしましたよ(笑)。今後、日本や外国の活動を考えている友人がいる場合は非常に小さいものも念頭に置いて成長した心を持って国外活動を開始したらいいですね(セヨン)。 "

"1年以上の言語に苦労しました。本当に熱心に勉強しましたよ。しかし、本を見て勉強するとされているのではないんですよ。直接行って現地の人々とあたってこわれて恥をかくと増えましたよ(インス)"

最後に、韓国と日本を行き来するマイネームに両国のファンのために挨拶をお願いした。ファンが丁寧に準備してくれた贈り物を練習室や学習室に展示しておいて自慢していたメンバーたちだったが、恥ずかしくて手紙を書き始めた。引数は、日本での活動にしばらく韓国での活動を待つファンに颯爽と叫んだ。

"放射能の心配はしないでください。元気に過ごして帰ってきます。愛しています(引数)!"


マイネームメンバーが日本のファンへの手紙とファンにもらったプレゼントを持って明るく笑っている。/ナムユンホ記者
マイネームメンバーが日本のファンへの手紙とファンにもらったプレゼントを持って明るく笑っている。/ナムユンホ記者


マイネームメンバーが日本のファンへの手紙とファンにもらったプレゼントを持って明るく笑っている。/ナムユンホ記者
amysung@media.sportsseoul.com

スポンサーサイト
 
Category: インタビュー
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ちょんちょに~ ぴょんとくおんまが行く, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。