こよなくHWANHEEたんを愛し、柱の陰からMYNAMEを応援し続けるアジュンマの日記でございます。
http://pyontokuya50.blog111.fc2.com/
admin
 

プロフィール

ぴょんとくや

Author:ぴょんとくや
R&BシンガーHWANHEE&アイドルMYNAME溺愛中♡
あちこちからお気に入りをスクラップ?しながら想いを綴ってます。

検索フォーム

QRコード

QR

놀이에 왔어

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]

놀이에 왔어

(訳) マイネームの秋の感性24時間 元記事

[アジア経済スポーツトゥデイイグムジュン記者]
三番目シングル'デイ​​·バイ·デイ(Day By Day)'で歌謡界に帰ってきたマイネーム。一層成熟したビジュアルと秋に似合う曲で大衆にアピールするという覚悟だ。最終的に震えていた初めてのカムバック舞台を披露する日マイネームの24時間を一緒にして、これらの日常をこっそり伺ってみた。

インスサジン 



AM 10:00〜11:30 メイクアップショップで

マイネームの最初のスケジュールは、ヘアメイクアップショップを訪問することで開始された。新曲"デイ·バイ·デイ"として初めて舞台に立つほど完璧な姿でファンの前に出てしたいことは、すべて同じ心であった。順序は、チェジン、コヌ、セヨン、ジュンQ、インスに構造を始めた。少年のような素顔のあどけない顔は消えてやわらかいカリスマを重ねて負わせ、顔にちらほらと現れた。
"以前には強いメイクをしたが、今回は曲の雰囲気に合わせて少し柔らかいが男らしい印象を与えるメイクに変化を与えてみました。どう ​​です。似合うんですか? "(インス)

QQジニサジン 


PM 12:00〜13:00 献血促すキャンペーンの

この日、マイネームのメンバーは明洞で次の音楽と一緒に献血キャンペーンを進行した。献血を促すプラカードを作り、スローガンを叫び、市民と直接交流した。マイネームは明洞の街に示されると、瞬く間に人々が押しかけ、市民はマイネームの名前を叫んで絶え間ない声援を送ってくれた。マイネームは、晩秋の痛い日差しをものともせずにファンに献血広報物を配り、いちいち目を合わせながら話を交わした。街頭キャンペーンを終えた後、マイネームは、献血の家に足を向けた。直接献血に参加するためだ。しかし、問診検査で一ヶ月以内に外国を訪問した経験がある者は、献血をすることができないという必要条件のため、残念ながら次の機会に延ばさなければならいた。
"献血をして困難な人々に力になりたかったが修飾されなくてとても残念です。次の機会にぜひ献血をします。そして、今日の私たちと一緒に献血キャンペーンに参加してくださった市民の皆さんに感謝の言葉を申し上げたいと思います。 "(セヨン)

献血サジン 


PM 14:00〜15:30 "ショー!王者の待ち時間

マイネームの次の予定はMBCミュージック"ショー!チャンピオン'カムバック舞台リハーサルです。マイネームはリハーサル順番を待って待合室で時間を過ごした。舞台衣装を着たマイネームはもう少し濃い男の香りを漂わせた。控室でマイネームは、衣装やメイク、ヘアをチェックしてハメ撮り三昧、タブレットPCでの記事検索などをして、自分たちのリハーサルの順番を待っていた。舞台の上でいつも強烈なパフォーマンスを見せてくれたマイネームだが、待合室では、同じ年頃の男性の子供と同じように有害な姿でいっぱいだった。特に、ゴヌは、鏡の前で"デイ·バイ·デイ"の振り付けの練習をする熱意を見せて人目を引いた。

セヨン&コヌ サジン 


PM 15:30〜19:30 事前録画と放送

いよいよマイネームのリハーサル順序がきた。緊張した心を溶かして意気投合した五人のメンバーたちは舞台に上がった。三度のドルホソルが進行された回のステージが終わるごとにモニターを介して振り付けと銅線、マイクの状態などを入念にチェックした。事前録画で進行されたこの日カムバック舞台はリハーサル後すぐに開始された。百人のファンが撮影現場を探しマイネームの肩に力を加えてくれた。ファンたちは"デイ·バイ·デイ"音源がまだ公開されていないにも関わらず、マイネームの曲をすぐに一緒に歌う珍しい風景を演出した。いよいよ初めてのカムバック舞台を終えたマイネーム。安堵感と物足りなさが残っている顔で舞台を降りてきたマイネームは、汗を拭かずすぐに監視を開始しました。
"カムバック舞台はいつも惜しいですね。少し補足して、次のステージの時はもっと良い姿をお見せします。 "(インス)

DAYBYDAYサジン 


PM 19:40〜20:00 びっくりファンミーティング

ファンミサジン


'ショー!チャンピオン'放送を終えた後、マイネームは、ファンとびっくりファンミーティングを持った。ファンは階段の節ソジョンヨンにマイネームを待ったマイネームはファンに感謝の挨拶を伝えた。ファンともっと近くで直面することができる席なのでそうなのかマイネームは、さらに、上気した顔だった。マイネームのファンはカムバック舞台に対する反応を聞いて答えて和気あいあいとした時間を過ごした。約20分の時間を過ごした後、マイネームは次のように約束して席を離れた。

PM 20:30〜22:30 練習室

マイネームの最後のスケジュールは、漢南洞の練習室だった。所属事務所の代表歓喜が最近新たに用意した練習室でマイネームは、今日あったカムバック舞台に対する意見を交換した。絶え間ない練習と悩みに今のマイネームがあることをもう一度認識した瞬間だった。動線を合わせるなど、しばらく練習をした後、コンピュータでカムバック舞台反応をいちいちチェックした。自分たちの舞台と同じくらいファンのコメントも注意深く調べた。

練習サジン 


練習を休み時間には、杭打ちや、マットのり巻き言葉(?)に練習室が離れるように笑った。一日の疲れと緊張が解けたマイネームの姿だった。特に、インスがじゃんけんに負けてマットのり巻き言葉が主人公に当選されると、メンバーは皆応援してインスをマットの中に入れて入れたし、末っ子チェジンが最もエキサイティングな姿でインスの痛み(?)を楽しんだ。
甘い休息を後にして、マイネームは、再び練習に臨んだ。すべて集中して振りつけと動線を調べた。練習時間の最後は夜食に有終の美をおさめた。マイネームは、豚足、ボッサムに空腹になったお腹を満たした。輪になって集まって夜食を食べても、これらの重要な会話のトピックは、カムバック、新曲、振り付けの話だけだった。



海苔巻きサジン

食事サジン

ネット検索サジン 


PM 22:30〜24:00 スター24時を終えて

午前10時から一緒に始めたスター24時間密着取材は午後10時30分になってから終わった。マイネームは、スター24時間を共にした感想と一緒にアルバム活動のための覚悟を伝えた。
"カムバックした日、献血時から一日を最大限に開いたように感じる良かったです。さわやかな気分で事前録画をしながらファンに新しい姿をお見せした、過ぎてこそ舞台が惜しいですね。今までこのように残念だった舞台はなかったようです。その悔しさを持って、今後のカムバック舞台に心血を注ぎます。期待してください。今回の"デイ·バイ·デイ"で皆さんに近づいていくマイネームだろう。 "(セヨン)



WEAREMYNAME.png
スポンサーサイト
 
Category: インタビュー
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ちょんちょに~ ぴょんとくおんまが行く, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。