こよなくHWANHEEたんを愛し、柱の陰からMYNAMEを応援し続けるアジュンマの日記でございます。
http://pyontokuya50.blog111.fc2.com/
admin
 

プロフィール

ぴょんとくや

Author:ぴょんとくや
R&BシンガーHWANHEE&アイドルMYNAME溺愛中♡
あちこちからお気に入りをスクラップ?しながら想いを綴ってます。

検索フォーム

QRコード

QR

놀이에 왔어

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]

놀이에 왔어

2013.07.31/ 08:24(Wed)

昨日は韓国の記事にも沢山日本での大規模ファンミーティング!なる記事が上がってました^^

その中にひっそりと埋まるようにあった記事

きっとこの子たちは一等星になるんだろうね☆

嬉しい!!ようなさびし.......ような....^^;


[インタビュー]
"ゆっくり、着実に、熱心に"マイネームを注目しなければならない理由
ゆっくり歩む理由
 


たやすくいかなかった世の中、金箸とスプーンを噛んで生まれなかったとすれば私たちがすることができる選択は毎瞬間'最善'をつくすことだ。 だが、人生がそのように随所にかくれている誘惑は私たちをいつも試験に入るようにする。 多くの10台少年、少年が芸能人を夢見るがデビューという大きい関門の前で挫折するのも同じ理由からだ。

 

 

そうした点で現在のデビューして活動している多くのアイドルグループ メンバーは数多くの誘惑と挫折の関門を踏んで勝ち抜いた存在だ。 不十分な点もあるがデビューしたという事実一つだけでもこれらが見えない所で流した汗と涙の量が少なくないだろう。

マイネーム(セヨン、コンウ、ジュンQ、インス、チェジン)もそうだ。 これらは去る2011年10月28日デビューシングル'メッセージ'で歌謡界入門した。 期間で問い詰めればこれらが活動した時間はわずか1年9ヶ月. まだ情熱と覇気であふれた新人だ。 その間'ハローアン グッバイ' 'それしきのこと'そして去る4日リリースした最初ミニレコード タイトル曲'ベビーアイムソーリー(Baby I'm Sorry)'までまだ行く道が遠い。

その上これらが出場意向を示した時期はそれこそアイドル グループが洪水になった時期だ。 ただ3分の放送出演もそのどれくらい激しかったのか。

"まだ行く道が遠いです。 音楽放送も今よりたくさんしたくて芸能もしたくて…. したいことが当然多いです。(笑い)"(チェジン)チェジンの話のようにマイネームはまだファンたちの愛に渇望している。 すでに受けているが受けても受けても足りないのが愛だ。

何よりマイネームが他アイドルグループと差別化されるのは'アイドル ペンドム'中に閉じ込められた音楽だけ固執しないという点だ。

"アイドルグループという(のは)タイトルは両面性を持っています。 アイドルグループなのでさらに注目される点もあるがアイドルはペンドムに閉じ込められる音楽だけすればなりません。 それを抜け出す音楽をしてこそ大衆的な愛を受けることができると考えます。 マイネームは枠組みに閉じ込められた音楽でない前世代が共感できる音楽で勝負するんです。"(インス)

もちろん依然として出発点でそんなに遠くない地点に立っている。 まだ活動して2年度満たすことが出来なかったまだ熱心に走らなければならない時期であるためだ。

幸い国内はもちろん日本でもいつの間にか良い反応が来ている。 'ベビーアである撃つだろう'が収録された最初ミニレコードは去る10日国内レコード販売集計サイトであるある場所チャートで日刊およびリアルタイム チャート1位を記録したし以後にも着実にチャート上位圏にランクされて人気行進を継続している。

ゆっくり歩む理由

これに対し力づけられてマイネームは今年の一年粘り強い活動を計画している。 国内はもちろん日本まで両国を行き来して休んでない歩みを話だ。

"いつも自分の発展をしなければなりません。 マイネームに今がぴったりそのような時期そうに見えます。 幾度も申し上げたがまだ行く道が遠くてそれでさらに熱心にしなければなりません。(セヨン、ジュンQ)

そのような覚悟もされています。 レコードを出して活動するたびに補完しなければならない点を探して補充していますね。 認められようとするなら熱心にしなければならないから。(インス、コンウ)

難しい時期も多かったし今でも危機の瞬間は毎度訪ねてきているというマイネーム. だが、これらはあきらめない。 国民皆がマイネームを知るようになる日まで休むことなく走る準備ができているためだ。

記事出処


スポンサーサイト
 
Category: インタビュー
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ちょんちょに~ ぴょんとくおんまが行く, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。