こよなくHWANHEEたんを愛し、柱の陰からMYNAMEを応援し続けるアジュンマの日記でございます。
http://pyontokuya50.blog111.fc2.com/
admin
 

プロフィール

ぴょんとくや

Author:ぴょんとくや
R&BシンガーHWANHEE&アイドルMYNAME溺愛中♡
あちこちからお気に入りをスクラップ?しながら想いを綴ってます。

検索フォーム

QRコード

QR

놀이에 왔어

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]

놀이에 왔어

マイネーム、"僕達は'オンプルネイム'ではありません"(インタビュー)

 
オンプルネイムオンプルネイム 
 

今年でデビュー2年をむかえた5人組ポーイグループマイネーム(コンウ、セヨン、インス、チェジン ジュンQ)が‘マイネーム ファースト ミニアルバム(MYNAME 1st Mini Album)’タイトル曲‘ベビーアイムソーリー(Baby I'm Sorry)’を持って国内カムバックした。

初めから日本市場を先に攻略したために今回の国内カムバックはマイネームにあたかもデビューの時新人の姿勢に戻ったような活動でより一層格別な意味がある。

最も気を遣った部分の中の一つはミュージックビデオだ。 製作費5億を入れて釜山(プサン)オールロケで撮影したし映画‘友人’にインスピレーションを受けて俳優ユ・オソンと異種格闘技選手チュ・ソンフンを主人公で前に出して強い男たちの世界を表わした。 単純なMVを越えて実際の短編(断片)映画祭出品を目標に映画のような映像とストーリーでクォリティーを高めた。
 
該当MVは所属会社H2mediaの公式youtubeに掲示されるやいなやオープン12時間もまだならなくて100万ビューを突破して高い呼応を得たしこれは自然にマイネームに対する関心につながった。

メンバーも“MVの影響が確かに大きかった。 これによって私たちの舞台に対しても心配していた。 放送局でも他のバックダンサーが私たちのMVを見て泣いていたよ。 youtubeで外国人が私たちのMVを見て感じた各種リアクション映像も回って本当に満たされた”として特別なMVによって自分たちの認知度をアップするのに多いに役に立ったと自評した。

ただ実際の一時間を越える長いストーリーをMV上では7分で含蓄して見せて見たら全体的なストーリーを理解する部分でも、熱心に撮影した部分をまともにすべて見せることができないことに対しては大きい残念として残った。

マイネームはいつのまにか3年目に入り込んだチャムバプ(?)あるアイドルだが国内活動が活発でなかったせいで国内認知度面ではまだ行く道が遠い。 だが、メンバーの誠実さ、実力、性格面においては行きます関係者たちの間でも一番上に選ばれる程これらの今後発展の可能性は濃厚だ。

特に初めて日本市場を突き抜けるためにメンバーは一番土地にヘディングする心情であたって歌手として多くのことを体感して習得した。

“韓国で人気を得て行くことと先にあたって行くものとは明確に違った。 日本での舞台経験だけでも数えることができないほどだ。 100回超えてコンサート公演を広げたので今回の国内カムバックの時も舞台の上で震えたりそんなことはなかった。 そのようにあたって作ったファンたちなのでより一層相互間の愛着が深い。 今回の国内活動の時も日本ファンたちが韓国でうまくいったら良いと応援をたくさん送った。”

マイネームが日本で所期の成果を上げることができた理由は何より神秘主義を脱いでファンたち近くで身近に近付いたためだ。 メンバー5人の多様なキャラクターはもちろん自らコンサートを引っ張っていくほど現地ファンたちと疎通したのが功を奏した このためにメンバーは通訳を置かないで外国語勉強にまい進してあらかじめ海外進出を備えた。

メンバーは“日本もこれから開始だ。 日本で先に成功後中国と東南アジア市場にも進出する計画だ”として整った抱負を明らかにした。

海外で少しずつ目につく成果が積もっていくだけに国内での活動はより一層切実だった。

だが、メンバーはまだ自分たちをよく分からない国内ファンたちが“マイネーム君の名前は何か?”、“誰か君は?”、“犬や牛も浮かび上がるか?”という反応を見せる時も多かったと過ぎた日を所感した。

最近ではあるファンから始まったメンバーの自発的な献血証集めキャンペーンもさらに‘浮かび上がるための秀作’という誤解を生じた。 今回のアルバム活動が終えられる時まで献血証を集めて寄付をする予定だったがこの事実がオンライン上で先に知らされて良い趣旨で始めたことがこのような先入観で近づいたこと。

コヌは一時私たちを‘オンプルネイム’だと呼ぶこれらもいた。 誰なのかも分からないのに記事がたくさん出るとし悪リプライもたくさん走ったとしながらだが、MVの影響も大きかったし今回の活動により‘オンプル激しくて歌聞いてみたが大丈夫だったよ’、‘実際に無大宝とか良い’というソンプルもたくさん走って他アイドル ファンたちの応援文も多くなるなどコメントが変わっている”と喜んだ。

インスは熱心に準備したので気に障った部分もできる"とまた他の苦衷も吐露した。 彼は"実際に活動をして見たら多くの舞台に立ちたいが色々な現実的にあたる富方たちもいた。 見せてあげたいとおりすべて見せることができないから惜しいこともした"ながらも"いつかはよいと思う。 その時まで気を落としているのでなく小さい火薬が集まって大きな爆竹になる瞬間のために準備している”と成熟した姿勢を見せた。

最後にメンバーは活動をするということにあって大きい力になる所属会社代表であり先輩歌手歓喜にも感謝することを伝えた。

偶然にも歓喜兄の入所日が私たちのデビュー日だ。 兄が招集解除される来る10月27日にマイネームもデビュー2周年をむかえる。 初めて歓喜兄を見て歌手になるという夢を見た。 そばにあることだけでも良いが同僚であり先輩歌手でもいつも真心に充ちた助言をしてくれて感謝する。 共に活動できたら良いし公演もしたい。 その時まで結婚もしなかったら良いだろう.. ハハ。

記事出処


はは...
大丈夫!HWANHEEたんは40歳まで結婚はしないと前回の終恋の時に決心してるから(笑)
私も見たいよ
MYNAMEとHWANHEEたんが一緒にステージに立つその日!
韓国でもどこでも行くよ‼!

どれだけアクプルがあったんだろうね....
心が痛いよ!
思いとは裏腹に進むことも多いのでしょう!
(高校野球のニュースもそうとられなければいいけど...それが心配なんだよね....)

それでも5人で乗り越えてきたんだよね....

いつも笑って苦しい顔も見せず
楽しんで活動してるように見えるけど

やっぱり韓国での活動での表情は穏やかです
言葉にしろ反応にしろ
受け止めやすいんだろうね?

そんな母国で少しでも多くの音楽番組に出演できるように
そして韓国の多くの方にMYNAMEを知ってもらえるように
願ってます!

わたしに出来ることは
毎日ポチポチすることぐらいしかできないけど
日本からいつでも応援してるよ‼!

日本でも韓国でも君たちを知ってる人は認めてる!
誰よりも真面目で努力家で兄弟のように仲の良いグループであることを!
そうだからふぁいてぃん!
君たちの道は曲がりくねってなかなか到達しない山道かも知れないけどその分降りてくるときもゆっくりゆっくり時間をかけて降りてくるはず!

インピが言ってた
今の人気が永遠の物でないから怖いと!一気にまっすぐ登った道はまっすぐ滑り台のように降りてしまう事への恐怖心

アイドル達がみんな何かの不安を抱えてるんだろうね!
だから前を向いてふぁいてぃんMYNAME!

君たちが歩く限り応援し続けるからね!!



 

スポンサーサイト
Category: インタビュー
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ちょんちょに~ ぴょんとくおんまが行く, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。