こよなくHWANHEEたんを愛し、柱の陰からMYNAMEを応援し続けるアジュンマの日記でございます。
http://pyontokuya50.blog111.fc2.com/
admin
 

プロフィール

ぴょんとくや

Author:ぴょんとくや
R&BシンガーHWANHEE&アイドルMYNAME溺愛中♡
あちこちからお気に入りをスクラップ?しながら想いを綴ってます。

検索フォーム

QRコード

QR

놀이에 왔어

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]

놀이에 왔어

MN公式さん早かった訳(笑)

インタビュー
MYNAME"中古新人?"今は"テセドル(最も旬なアイドル)"と呼んでください

テセドルインタビュー1

今は中古新人よりもてセドル(最も旬なアイドル)と呼んで欲しい”

グループMYNAMEがデビュー3年目を迎えた。すでに日本では数回のコンサートを開催し、外に出るだけでそのへんを麻痺させるほどの認知度を持っている。(ホントか?)

だが、MYNAMEの韓国での活動は簡単でなかった。デビュー曲”MESSAGE ”と初シングルアルバムタイトル曲”HELLO&GOODBY”を通じて他のアイドルグループと確実に違った歌唱力を認められ、今年初めに発売したsecondシングルアルバタイトル曲”クカジコ”ではダンスグループとしての可能性も確立して固定のファンを作ったが、一般的にMYNAMEという名前は見慣れないだけだった。

そして今年の夏、MYNAMEは大衆に一歩更に近寄って自分たちの存在感をより浮上させるための秘策のカードを引き出した。今までよりも決然した面持ちで準備した初ミニアルバムで7月の歌謡界に挑戦状を投げたこと。

”中古新人と言う言葉を聞くたびに心が痛かったが、一方ではより一層燃え上がるのを感じることができました。最近はアイドルグループがあまりにも多いから、さらに頑張らなければならないと言うむち打ちとして受け入れました。特にメンバーみんな、今回のアルバムを通じて一段階さらに上に登らなければならないという思いを持っていたので、良い結果を出すために毎日夜を徹しながら本当に死ぬ覚悟で一生懸命準備しました。”

MYNAMEの初ミニアルバムには中毒性の強いダンスタイトル曲”Baby I'm Sorry"をはじめ、めんばーのはーもにーが際立つ”In My Place"経験を経た男性美が感じられる”Let Me Cly"感覚的なエレクトロニックサウンドが入った”Luv Taker"など多彩な魅力を持った6曲が収録された。

メンバーの血と汗にまみれた努力と固い意志が大衆にも伝えられたことだろうか。MYNAMEは今月4日ミニアルバム音源と同時に各種オンライン音源チャートとポータルサイトリアルタイム検索語上位を占領し、成功な復帰となった。

それだけでなく9日オンラインで発売されたアルバムもまた、国内レコード販売集計サイトであるハンチャートでリアルタイムおよび日刊チャート1位を占めた。

                                      ジュンQのこの顔イケルでしょ

テセドルインタビュー2

 
"反応が良いという話を聞いても正直あまり実感がありません。僕たちが考えても今回のアルバムが今まで発表した作品の中で最も完成度が高いと思いますが、それでもまだ性に物怖じしません。もちろんやりがいを感じるけど。死活をかけて準備したアルバムなのでさらにうまく行ったらよいと言う欲が出ます。最近僕たちを”テセドル”と呼んでくださる方々が多いんですよ。僕たちも認める”本当のテセドル”になりたいです”

本当はメンバーみんなが初めから”Baby I'm Sorry"をタイトル曲として目を付けていたものではなかった。音源で発売される前に、撮影用で使った事がある曲なので”新曲”というトキメキがあまりなかったとのこと。

むしろ”Luv Taker”が音楽市場のトレンドに会うんじゃないかと言う意見もありました。でも、ほかの先輩歌手らと確実な差別をするためには”Baby I'm Sorry"を選択することが正しいと言う結論に至りました。

”正直”Baby I'm Sorry"も大衆には新しい曲だけど、僕たちはそうでないから新鮮な感じがあまりなくて迷いました。タイトル曲として最終決定した時は’どうすればこの曲でより強い印象を残すことができるだろうか’ということが一番の悩みでした。そうするうちにメンバー同士がおたがいに話さなくても各自のパートの録音とパフォーマンスにさらに精魂込めて努力するようになったんです。’僕たちも沢山成長したんだな’と感じる事が出来ました(笑)”

タイトル曲’Baby I'm Sorry'はブロックバスター級スケールのミュージックビデオで大きな話題を集めた。MYNAMEメンバーらと俳優ユ・オソン、総合格闘技選手チュ・ソンフンが釜山(プサン)海辺を背景に繰り広げられt派手なアクション演技と強烈な音楽が合わさってとてつもないシナジー効果を発揮した。

約30~60分の短編映画としても制作される予定のこのミュージックビデオはオンライン上で公開されて半日で再生回数100万回を突破した。

”スタッフらと約124時間の間夜を明かしながら撮影しました。身体は疲れてだるかったけど良い経験、また、良い勉強になったのですごく満足しています。多くの方々が公表して下さってさらに気分がよいです。多少残忍な場面がふくまれていて、R19判定を受けることになったのは少し残念です。でも、そう言う点を意識して表現の自由を抑圧受けたくありませんでした。結果はとても満足しています。映画バージョンも必ず期待して下さい。ミュージックビデオはシャクノ関係上、見せることができなかった内容が多いですね。短編映画祭にも出品する予定なので多くの応援お願いします。”


テセドルインタビュー3
 


ステージの上では誰よりカリスマあふれる素顔を見せる5人のMYNAMEメンバーはずっと平凡ではない”芸能感”をはっきして笑が絶えなかった。

意地悪な少年のような茶目っ気と純粋さを兼ね備えているけど、音楽に関する話をする時だけは真剣な目つきに変わる彼らの姿に暑い情熱を感じる事が出来た。

”僕たちを愛して下さる日本のファンの皆さんには心から感謝しているけど、もう韓国でも更に大衆的認知度を積みたいです。いくら日本で人気があってもそこだけで活動することは出来ないですからね。普段は気楽で身近な、でも、ステージの上では誰よりもカッコイイ歌手としての姿をお見せするので関心を持って見守ってください。”

 
最後の言葉が胸に突き刺さりました。ありがとう♡



いつまでも見守ってるよ!

だって君たちは世界に羽ばたこうとしてるんだもん!

そのために私たちは応援してるんだよね~~~

好きな人が羽ばたこうとしてるのに引きずりおろすファンはいないでしょ!!

大好きなMYNAME、今は韓国で頑張ってるけど

イルボンペンはそれを沢山応援してるよ!

日本・韓国と言わず


世界に羽ばたけ~~~~~

MYNAME☆彡

ふぁ
いてぃん(*^^)v






スポンサーサイト
 
Category: インタビュー
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ちょんちょに~ ぴょんとくおんまが行く, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。