こよなくHWANHEEたんを愛し、柱の陰からMYNAMEを応援し続けるアジュンマの日記でございます。
http://pyontokuya50.blog111.fc2.com/
admin
 

プロフィール

ぴょんとくや

Author:ぴょんとくや
R&BシンガーHWANHEE&アイドルMYNAME溺愛中♡
あちこちからお気に入りをスクラップ?しながら想いを綴ってます。

検索フォーム

QRコード

QR

놀이에 왔어

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]

놀이에 왔어

2012.07.06/ 10:57(Fri)
第三走者ってことは第一走者は.....

そうか確か コヌ君のインタビューがかなり前にあったね

http://pyontokuya50.blog111.fc2.com/blog-entry-423.html

http://pyontokuya50.blog111.fc2.com/blog-entry-429.html

[핫데뷔일기] 마이네임 세용① “6年という練習生生活で得た悟り”

昨年10月28日初めてのデビューシングル アルバムで歌謡界に出場意向を示した後8ヶ月の空白期を終えて‘ハローアン グッバイ(Hello & Good Bye)’にまた戻ったマイネーム. これらがデビュー過程を‘ホット デビュー日記’というタイトルでイシュデイルリを通じて電撃公開する。 ‘歓喜ポイズ’にも多くの話題を集めたマイネームはプルライトゥドスカイ出身歓喜の陣頭指揮の下歌手を準備した。 彼らは歌手の夢を見ることになった瞬間からその夢を成し遂げた今までのエピソードを率直に打ち明けると明らかにした。 ホットデビュー日記の三回目走者、明るくて微笑が美しいセヨンの話が始まる。

セヨンはマイネーム メンバーら中最も長い間の練習生生活を送った。 彼が練習した期間は少しどころか6年. 決して短い時間でない。 幼い年齢に社会に出てきて大人たちの世界と向き合わなければならなかったセヨンの練習生生活は侮れなかった。

“6年の間練習生身分で練習をしながら‘出たいつデビューするだろう’という考えを何 万度はしたようです。 ‘私の夢は確実だが私の夢をいつ頃成し遂げることができるだろうか’に対する悩みをとてもたくさんしました。 練習生生活というのが‘君はいくつかの日何日デビューするからその時まで熱心に年’と期間を定めておいてするのではないでしょう。 約束ないデビューとつらい練習生生活に非常に大変でしたね。”

釜山(プサン)が故郷だったセヨンは縁故ない他の土地で新しい生活に適応しなければならないのも非常に大変だったという。 しばらくご両親にだだこね働かせて友人らと遊びに通う年齢に練習室と宿舎だけ行き来して反復された生活が耐えられること手にあまるのは当然のことだ。
 

“ご両親と離れているのも大変だったが一番私を疲れさしたことは平凡な同じ年頃友人らのようにその年齢に似合う青少年期を私は持つことができないということでした。 友人は学校終わればネットカフェやカラオケに遊びにも行って試験期間に一緒に勉強もしに通ったが私は学校終われば無条件練習室に行かなければならなかったんですよ。 また、宿舎も通行禁止時間があって友人が映画見て遊びに通う時前練習のために寝なければならなかったんですってば。 私の生活に例外はなかったです。 朝起きて学校行って学校終われば練習室にきて決まった時間に歌、踊り、演技レッスンを受けて宿舎に帰ってきて寝てこの生活の無限反復でした。 ‘私がなぜこれをしなければならないだろうか’という考えも本当にたくさんしました。”

“さらには一人でソウルに上がってきたので寄り添う人もなかったんですってば。 当時練習生生活が本当に多く孤独でした。 それでも4年ほどこの生活をして見たら鈍りましたよ。 人の適応力が無限だということをその時悟りました。(笑). 解脱という単語が似合いそうですね。”

セヨンは光がないトンネルの中闇のような練習生生活を話しながらも笑いを失わなかった。 当時非常に大変だったが今はクェンチァンニャは記者の問いにセヨンは明るく“今は笑いながら話すでしょう。 当然大丈夫です。”と答えるとみられた。
 

“その時は‘なぜ出た青少年時期を青少年らしく送ることができないだろうか’としてその時期にだけ持つことができる思い出と純粋さを持つことができないということが悔しくてたくさん泣いたりもしたがその時期をたどりながら習ったのが一つあります。 勉強する友人ら、仕事をする友人ら、私のように練習生身分の友人ら、それなりどおりの苦衷があるということを悟りました。 私だけ骨を折ったのではなかったことでしょう。 その苦衷というものが誰でもいるのに私がすることだけ大変だと考えたことのようです。 その困難をどのように克服するかにより変わるようです。”

社会と競争生活に早くから足を漬けたためなのかセヨンはその同じ年頃がそこまで考えられなかった部分を悟って自身の意見を成熟するように表明していった。 また立派にこの話も忘れなかった。

“本当に陳腐な話と考えられるかも知れませんよ。 この過程があったので今の私があるようです。 陳腐でしょう? だが、真心です。ハハ。”
 
練習生時代が長いからこそ今の自信家のセヨン君があるんだね

セヨン君ふぁいてぃん
ところでセヨン君はこれで終わり?次は無いの?残念なんですけど....

ジュンQやチェジンは?
スポンサーサイト
 
Category: MYNAME
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ちょんちょに~ ぴょんとくおんまが行く, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。