こよなくHWANHEEたんを愛し、柱の陰からMYNAMEを応援し続けるアジュンマの日記でございます。
http://pyontokuya50.blog111.fc2.com/
admin
 

プロフィール

ぴょんとくや

Author:ぴょんとくや
R&BシンガーHWANHEE&アイドルMYNAME溺愛中♡
あちこちからお気に入りをスクラップ?しながら想いを綴ってます。

検索フォーム

QRコード

QR

놀이에 왔어

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]

놀이에 왔어

2012.07.25/ 16:28(Wed)




やっぱわたすが思った通りのジュンQ君

声フェチのわたすはウリHWANHEEたんの声もさながら

ジュンQ君の声も好きなわけで....

それでいて,,,,,はまるわ~

[ホットデビュー日記]ジューンQ③“家族、私に何より大切な存在”

昨年10月28日初めてのデビューシングル アルバムで歌謡界に出場意向を示した後8ヶ月の空白期を終えて‘ハローアン グッバイ(Hello & Good Bye)’にまた戻ったマイネーム. これらがデビュー過程を‘ホット デビュー日記’というタイトルでイシュデイルリを通じて電撃公開する。 ‘歓喜ポイズ’にも多くの話題を集めたマイネームはプルライトゥドスカイ出身歓喜の陣頭指揮の下歌手を準備した。 彼らは歌手の夢を見ることになった瞬間からその夢を成し遂げた今までのエピソードを率直に打ち明けると明らかにした。 [編集者 注]


ジューンQが歌手になった契機は中学校3学年の時担任先生のクォン・ユロからだ。 先生の提案にはじめて自身の夢を探したジューンQ. だが、夢に向かって足を行くのは開始から容易ではなかった。


“お父さんが反対を激しくされました。 一ヶ月間話もしなかったこともありました。 お父さんは‘人見知りも多くて人の前で話もよくできないのにどのように芸能人をするのか’で心配から始まった心で断固として反対されたんです。”

同じ年頃友人らと同じように運動すること好んで勉強も着実に良くしてきたジューンQが歌手になるというからご両親としては確実な未来が保障されない職業が好ましくなかった。 だが、ずっとご両親を説得した結果許諾を受け取って演技学院に通うことができるようになった。


“私がAB型で意地がものすごく強いですね。 幼いころから意地で有名でした。 望むものがあればする時まで話もしなくてさらにトゥロヌプキカジヘヨ. ハハ。 メンバーも認めましたよ。 その馬鹿力に押し進めてご両親の許諾をやっと勝ち取りました。 その後からパパに認められるために演技学院に熱心に通いましたね。 ア! 演技学院を選択した理由は私が歌よりはラップが好きなのにラップで予告実技試験を受けるにはちょっと無理があるようだったんですよ。”


彼は演技学院に通いながらソウルも、地下鉄も初めて乗ってみたという。 このように幼くて経験なかったジューンQを心配する両親として当然のことかもしれないが彼は今後前進するために状況を楽しんで難しいこともクゥックチ勝ち抜いた。


教科書モデルに抜擢された後一番好んだことはジューンQのお父さんであった。 また、マイネーム デビュー初放送を見てより一層励まして下さった方やはり彼のお父さんであった。


“そのように反対をしたパパが180度変わって私に‘立派だ’でおっしゃるから本当に走るようにうれしくてありがとうございました。 パパがデビュー舞台後で‘私が君のパパとしてしてあげられるのは全部支援する。 したいこと気持ちコッしろ’といった言葉が本当に記憶にたくさん残ります。 ママとは毎日通話してつまらない話を交わすのにパパとはしばしば通話が出来ないですね。 それでパパが励まして下さったのがさらに多く触れたことのようです。”

また、ジューンQは3才年の差の姉がいる。 彼の姉やはり去る2011年歌手ヤンジョンスンと共に呼んだ‘私の心を受け入れて’という曲を発表してデビューしたことがある。 ジューンQは姉を自身のつっかい棒だと紹介した。


“姉も幼いころから歌手をしたかったです。 議政府(ウィジョンブ)で歌上手にすることに有名だったんですけれど。 今は勉強するのにレコードも出しましたし。 今は平凡に学校通いながら勉強しています。 私は中学校の時の友人したがってバンドに入って音楽に目を開いたケースだったら姉は小学校の時から歌が好きでオーディションをたくさん見ましたね。 そして私と性格も反対なのでどこが立っても堂々としています。 姉も勉強をものすごく上手にしました。 全校で3~4等しましたよ。 勉強も上手にするのに歌まで上手にしました。”


“姉と本当に戦うこともたくさんしたが私がパンファンヘウル時そばでつっかい棒になった人がうちの姉です。 その時から厚くなり始めてもう家族の中に姉と一番話をたくさんする方です。 家族があったので私が夢をかなえることができたことのようです。 本当にママ、パパ、姉全部感謝して愛します。”
スポンサーサイト
 
Category: MYNAME
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ちょんちょに~ ぴょんとくおんまが行く, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。