こよなくHWANHEEたんを愛し、柱の陰からMYNAMEを応援し続けるアジュンマの日記でございます。
http://pyontokuya50.blog111.fc2.com/
admin
 

プロフィール

ぴょんとくや

Author:ぴょんとくや
R&BシンガーHWANHEE&アイドルMYNAME溺愛中♡
あちこちからお気に入りをスクラップ?しながら想いを綴ってます。

検索フォーム

QRコード

QR

놀이에 왔어

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]

놀이에 왔어

2012.10.17/ 14:59(Wed)

IMG_3317-1_convert_20120921114740.jpg


なんだかどこに行ってもニュースのニにもなっておらず

一週間が過ぎると上映もなくなると話してましたが

もしかしてと思い上映館を探しまわりました

いったいどうなたのでしょうね

映画情報ないかなぁ~?

CGV大学路:ここは時間がまちまちですが21日(日)まで上映でした♡
          学生さん沢山見てくださいねお願いします。

10月17日チュン路





CGV九老:今日まででした^^;

10月17日九老


CGV鍾路:今日までの上映でした^^;
   
10月17日大ハクロ





まあほとんどが今日付けで終了と言う事ですかね

やっぱり一週間というのは嘘じゃなかった

順位を見ても18位圏内に入って無くって

成果も確かめられず....

寂しい限りです....

HWANHEEたんが舞台挨拶でもすれば

もっと違ったかもしれないんですけどね~

ただ一週間も上映されたってことは

まあまあ良しと言う事でしょうか?

大学路はもう少し上映されるようなので

ここしばらくは上映されるといいなあ~

と思うオンマです

DVD化は無理なのかなぁ?




夢建設さんからのお知らせでは

10月24日(水)

までは公開が決まってるようです!



 
<스타: 빛나는 사랑>

ハン・サンヒ監督“私のような監督1人はなければならない”
[メックスムービー=キム・ギュハン記者]イ・ジュンギと宮崎アオイが主役を演じた韓日合作映画<初雪>でデビューしたハン・サンヒ監督が5年ぶりに<スター:光る愛>でスクリーンに復帰した。 空白期が長く見えることができるがハン・サンヒ監督は映画のひもを放したことが一度もなかった。

2007年<王の男>で最高値を打っていたイ・ジュンギと日本映画<ただし君を愛していて> <私も>のヒロイン宮崎アオイが主演した<初雪>が封切りした時人々は自身の目を疑った。 名前を聞いてみたことがあまりない監督がメガホンを取ったためだった。

韓日人気俳優とともに作業をした作品を出したりしたが事実忠武路(チュンムロ)でハン・サンヒ監督は多少見慣れなく感じられることもできる名前だ。 映画監督として成し遂げた業績が少ないためだ。 だが、ミュージックビデオ側に視線を転じれば話は変わる。 1998年かけるグループ ベビーVOXのミュージックビデオMissing……でデビューした以後歌手ピ、アイビー、ジャウリムなど約50編余りのミュージックビデオと多様なCFを演出した。 彼は2002年俳優クォン・サンウ、チャ・スンウォン、キム・ミンジョンを連れてミュージックDVD映画[Project X]をハリウッド スタッフらと共にチェコ、プラハで撮影してセンセーションを起こしたし、2005年歌手ピ主演のRoad Movie ‘Road for Rain’を演出して実力をもう一度検証受けた。

K-POP熱風に力づけられて製作されることになった<スター:光る愛>はアジア最高のKポップ スターとスキャンダルにまきこまれた1人の女性との愛を描いた音楽映画で日本のハワイで呼ばれる沖縄の石垣島で約60%撮影を進めた。 男性R&Bデュオ フライ ツーザ スカイの歓喜とキム・スヨン、チュ・ソヨン、カン・ヘインなどが行うラブ ストーリーと主演俳優が直接歌った甘美な歌が観客の心をドキドキするようにさせる。 ミュージック ドラマが持たなければならない魅力を全部備えた映画<スター:光る愛>を演出したハン・サンヒ監督に会ってきた。

- <初雪>に続き偶然にもまた、韓日合作映画だ。
= <初雪>を終わらせてハ・ジョンウとツマブキ サトシが出演した映画<ボート>を準備したが最後までできなかった。 中間中間時々独立映画もとった。 空白期があるように見られるが映画のひもを放したことはない。 <初雪>に続き二番目長編映画も合作映画になってしまったが意図したのではない。 向こう側に関心が多いと見ると積極的に参加することになった。 機会になるならばとりたいジャンルはメローでないアクション映画だ。(笑い)-ミュージックビデオをずっと演出して映画側に視線を転じた。 特別な理由があったか?
-映画課出身(彼はソウル芸術大学映画課を卒業した)であるがミュージックビデオ演出でこちら仕事に足を入れることになった。 ミュージックビデオが抱いているリズム感に捕われてずっと同じ仕事をして2002年<プロジェクトX>をしながら映画の魅力に陥ることになった。 特別な契機があったのではなく自然に向こう側で視線を転じることになった。
-観客はひとまずミュージックビデオ出身監督といえば先入観を持って見る。
=大多数観客のそのような考えは決して先入観でない。 検証にならなかったためにそのような形で見るのが当然だ。 率直に話して私は文を良く書くことができない。 ところで演出は自信がある。 良い話が与えられるならばそれを独特に表現やり遂げる自信がある。

-シナリオを使う時‘この駅は誰が引き受けてしたら良いだろう’である程度決めておいて行ったようだ。
=シナリオを使う時から歓喜と追訴霊異それぞれ延期したロミと収支(樹脂)は念頭に置いた。 ある程度懇意にしていてあらかじめ決めておいて行った。 残りの俳優はオーディションと推薦を通じてキャスティングした。 私たちの映画には名前だけ聞けば知りえた俳優、演技力が硬い俳優が出演しはしない。 だが、皆自身が引き受けた駅は最大限良くしてくれた。 ‘ルーキーの反乱’で見れば良いようだ。(笑い)現場で延期(煙、演技)ディレクションを特に与えるよりは俳優自らがそのキャラクターに密着して延期できるように助けた。

-予算も多くなくて撮影もはやく終わらせなければならなくて大変な点が多かったようだ。
= <スター:光る愛>は映画会社で与えた予算中で熱心にとった映画だ。 撮影機間が短くて製作費が豊かでなくて俳優らとスタッフが苦労を多くした。 申し訳ないと考える。 初めには日本撮影分量が今より少なかったが沖縄の方が積極的に助けたおかげで易しく撮影を終えることができた。

-スターと一般人の愛を扱った映画は以前にもあった。 彼ら映画課差別点(店)を置くために次第苦心したようだ。
= <スター:光る愛>は‘愛はメロディだ’という前提から出発した映画だ。 有名人と一般人の愛を扱ったので<ローマの休日> <ノティンヒル>のような映画が思い出されるかも知れないのに他の部分がさらに多い。 音楽の比重が大きい映画になじまない観客はあたかもミュージックビデオを見るような感じを受けるようだ。 そのような感じで映画が見られたとすれば私の演出が不足したことかもしれないが男女間のロマンスを描いた作品でしばしば会えた劇的装置を活用したミュージック ドラマで見れば良いだろう。

-キャラクターが持った感情をもう少し表わせばという部分が少なくなかった。
=人物の感情をもう少し深く掘り下げてみようか。 私だとこのような考えをしないのではない。 実際にもとった。 ところで結果を見ると私たちの映画の全体的な色とは合わなかった。 過度に暗かった。 それで使えなかった。 観客が安らかに見ることができるようにロマンチックな感じを生かすのに注力した。

-音楽比重に対する悩みが大きかったようだ。
=その部分は徹底して音楽監督に任せた。 音楽に関心があるがそこまで関与してはいけないと考えた。 一歩後に退いて音楽監督が出した提案を受け入れたようだ。 私たちの映画では音楽が大使の代わりをする場合も多いが音楽監督がバランスをよく合わせたようだ。 <ウォンス>のような場合がそうであったがそのような感じを与えたかった。

-一編の映画が封切りするには多くの過程を経なければならない。 ある瞬間が一番幸せなのか?
=撮影を控えてロケを行った時が一番幸せだ。 <スター:光る愛>の場合、クランクインを控えて3度ロケを行ったが‘俳優らと後ほど一緒にくるとこのようにとらなくちゃ’そのように考えながら本当に幸せがったようだ。 撮影する瞬間もそれに(彼に)劣らず幸せだ。 反面最も大変な瞬間は編集する時だ。 その時もう少しよくとったら良かったはずなのにそのような考えが私を本当に疲れさす。(笑い)

- 観客がこの映画をどのように見たらと思うか?
= <スター:光る愛>は秋という季節とぴったり合う映画だと考える。 観客に<ローマの休日>が持った穏やかさと<ノティンヒル>が抱いているロマンスを一つの席(一桁)で感じることができる映画に近付いたら良いだろう。

-映画興行はどの程度と予想するのか?
=今年で年齢が四十になったが世の中を見る視線が以前とは少し違われたようだ。 現実をある程度認める側に傾けた。 <スター:光る愛>がある程度規模で観客に会うことになるかも知れないが、配給状況を離れて小さいけれど大切な映画だと考える。 より多くの劇場で観客に会えばという風はもちろんあるが反対の状況になっても大きく失望しはしないようだ。 与えられた状況は劣悪だったが多くの人々が助けてここまでくることができた。 それだけでも私は幸せな人であるようだ。

-の前にどんな監督と呼ばれたいのか?
=作品をまだたくさん演出したのではないがリズム感ある監督と呼ばれたい。 私が他の監督に比べて一つ自信があるのはすぐに‘編集に対するリズム感’だ。 ミュージックビデオ代作(大作)をたくさんとってテンポ感一つは自信がある。 反面映画はミュージックビデオとは違い長い呼吸を必要だと見るとその部分に対してはまだなじまない。 音楽的な要素を映画に表わすというのが容易なことではないがその部分に対しては私は自信がある。

-映画ことを選択したことに対する後悔はないか?
=後悔はない。 映画があたえる魔力(馬力)が金銭的な部分は全部忘れるようにする。 ミュージックビデオ一つとれば映画演出料を受けるが再び向こう側仕事をしろといえばできないようだ。 映画は共に作っていく面白味が相当する。 ミュージックビデオとは比較できない。

-次期作計画はどうなるのか?
=次期作も合作プロジェクトになるようだ。 まだ確定したのではないがジョン・ウー監督のように作業することもできるようだ。 合作プロジェクトを継続してみるから韓国と遠ざかるという短所がある。(笑い)下だが韓国にも私のような監督一人ぐらいはなければならないと考える。 パク・チャンウク監督、キム・ジウン監督がハリウッド内で位置づけを固める作業をしているならば日本側は私が引き受けてする予定だ。 監督集いでもそのような話をたびたびするほうだ。(笑い)日本側とずっと作業を共にしてネットワークを広げたい風がある。 容易ではないことだがしてみようとする。

<국내 최대 영화뉴스채널! 맥스뉴스>
スポンサーサイト
Category: スター
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ちょんちょに~ ぴょんとくおんまが行く, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。